キムタクは正義、事務所は悪くない

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。声優をやっていますが、誰かは明かしません。

ネット上にそんなことを明かすのは、よほど頭の弱い方ですよね。今年も数々の著名人が不穏当な発言で炎上し、何かを失いました。メリットないです。
さて、ついに今年もあとわずか。

そこで、木村拓哉さんを擁護したいと思います。
また、スマップの事務所も擁護したいと思います。
なぜ、唐突にこんなことを書いたのか。

それは、炎上したいからなんです。

今日、「ブログの訪問者を増やすにはどうしたらいいのか」と、ある人に相談をしたところ、「炎上すればいいのではないかという結論に達しました。
そこで、今一番批判を浴びているものを擁護する立場をとることで、批判的な方々から燃料を投下していただければなと思ったのです。

本当のことを言ってしまうと、スマップに関して全く知識がありません。何となくアイドルグループなんだな、という程度です。グループ名を知っているだけです。メンバーもぼやーっとしかわかりません。

木村拓哉さんに関しては、ああ、あのロン毛の人でしょ?っていう程度です。
今、ロン毛じゃないんですね!びっくりしました。
何はともあれ、アイドルもプロである以上、事務所への感謝というのは忘れてはいけないと思います。

その点、木村さんは脱退を止めようとした立場ですから賛同できます。
アイドルも声優も、一人で売れたわけではないんですよ。
その恩を忘れるなんて、他の4名は、ナンセンスですね。

…とかいってね。

まさか、こんなつまらない記事が今年の締めだなんて。
私らしいですね。

スポンサーリンク

それでは、来年もまた。

2016年の最後が、こんなつまらない記事だなんて、来年が思いやられます。
スマップ解散の真相に迫った本です。

ぜひお買求め下さい。

SMAP解散騒動の全内幕 [ 常田裕 ]

価格:1,296円
(2016/12/31 21:46時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

漫画とアニメーションを組み合わせた動画制作会社

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.です。
漫画とアニメーションというのは、とても相性がいいです。
アニメーションの原作はほとんど漫画であることからも、それは想像できます。
これは、テレビアニメーションに限った話ではなく、インターネットCMにおいても同様です。
絵というのは、非常にプロモーションとの相性も良いのです。
MANGAnimation 様
http://www.manganimation.jp/
こちらの会社は漫画を利用したプロモーション映像を制作されています。
漫画は、左右の脳を使って情報処理をするため、印象に残りやすいんですね。
さて、この会社がネット声優を使っているかどうかですが、それはわかりません。
しかし、ネット声優の品質が良くなれば、将来的に十分な可能性があります。
チェックしておきましょう。
それではまた。

スポンサーリンク

皆さん、声優業界に参入してください(副業可)!

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
さて、ちょっとだけアフィリエイトのクリックをしていただけたようなので、ブログを書きます。
ちょうど興味深い記事を見つけたのでご紹介します。
「なりたい職業」上位、声優業界における“転職”の現状とは
大人んサー2016.11.14 アドバイザー : 小松美智子(こまつ・みちこ)様

「なりたい職業」上位、声優業界における「転職」の現状とは


要旨としましては、日本俳優連合のランク制についての説明、ランクがついてギャラが上がると仕事がなくなる傾向、日俳連非加入の演者の増加でギャランティの価格破壊が起こる事、声優業界に「転職」する際は現状を理解して参入すべきという警鐘といったところでしょうか。
プロの方へ:日俳連に加入していると、自分でギャラを決められないというイメージありますよね。確かにそういう面もあるかもしれません。でも、不可能ではないですよ。ばれなきゃ大丈夫です!
宅録は、名前を変えて活動すれば、まずばれません。私は最近1年間で、30本程度、宅録でお仕事させていただきましたが、誰にも気づかれませんでした。その都度、ワンタイムパスワードのように名前を変えていますからね。
アマの方へ:インターネット向けの動画制作は、低予算でできるナレーターを、喉から手が出るほど欲しています。初見の新聞をクリアな声である程度噛まずに読める力があれば、意外と需要はあります。普段のお仕事の「副業」として、考えられてみてはいかがでしょうか。サラリーマンの副業というと、アフィリエイト・せどり・オークション・FXなんかがマネー雑誌で取り上げられますが、宅録ナレーションはそれらに比べても割の良い仕事です。
日俳連はギャラの固定化をさせる少々「古い」組織なので、もう時代に合っていません。中堅どころの演者が育たない原因でもあります。演者一人一人が、自分の価値を判断し、積極的に値段交渉できる方が、自由な競争環境と言えます。是非、あなたの力で、新しい時代を切り開きましょう!
それではまた。

何でも無料でいいのか?

こんにちは。Mt.です。

任天堂のスマホゲームが、「途中までしか無料じゃない」という事が、ヤフーニュースにあがっていて、スーパーファミコン世代の私としては、驚くばかりです。

マリオラン1200円は高いか 「クソゲー」「搾取」の批判(J-CASTニュース 12/16(金) 17:49配信)
https://www.j-cast.com/2016/12/16286328.html?p=all

若いあなたは御存じないかもしれませんが、ファミコンのカセットって当時一本3000円くらいしたんです。今のスマホゲームと比べたら、画質も音楽もクリアではないですよ。ドラクエIVなんて、8000円くらいした記憶があります。それを、子供たちがお年玉やお小遣いをためて買っていました。驚きでしょう?お互い様です。

無料でずっと遊べるスマホゲームでも、より時間を短縮したり有利にプレイしたい人は、課金して楽しんでいます。プレイヤー全体から見るとその割合は、わずか数パーセントだという話を聞いたことがあります。でもゲーム会社がそれで収益を上げているという事は、その人達が課金している金額が、マリオランの1200円とはけた違いであるからというのがあるからかもしれません。

こちらは、プロの声優としても宅録ナレーターとしても活躍されているま~坊様のtwitterです。
たまたま任天堂のゲームについて言及されているのをネットで見つけたので、リンクを貼らせていただきます。
https://mobile.twitter.com/mahbow1980/status/810083726835195904

ここから私が思ったのは、マリオランと従来のスマホゲームは、根本的に収益の仕組みが違うコンテンツなんだということです。それを、同じ土俵で比較してしまっているから、買いきりのシステムが「搾取」だなんて認識をしてしまうのでしょう。

新しい収益構造のゲームが出てきたんだ。と、そう考えれば、何ら批判することもないと思います。
序盤のゲームは無料で楽しめるのですから、それ以上プレイしたいという欲求が生まれたなら、1200円は安いと思います。
どうせみなさん、この季節忘年会で5000円くらいぱーっと使っちゃうんでしょう?

飲み屋だと、1200円なんて、お通し、ビール1杯、枝豆で使い切っちゃいます。
(私はこっちの方がよっぽどぼったくりだと思うのですが、なぜ批判されないんでしょうかね…)
本来、サービスというものは、有償なんです。それはそうでしょう、サービスする側は自分の時間と労力を、あなたのために削っているのですから。声優にももちろんギャランティが支払われています。

このブログをご覧の皆さんも、何かしら給料をもらうお仕事をされた経験があると思いますが、「お客様に喜んでいただくのが仕事なのだから、無料で働け」と言われたら、「は?」と思うでしょう。

何が言いたいのかというと…私も時間をかけてブログを書いているので、どうか、お金下さいということなんです!!(爆)。

アフィリエイトで、買い物をしていただくと、私にちょっとだけお金が入ります。私にサービスを続けさせてください。

それではまた。

↓ココナラには、声優・ナレーターの仕事もあります!(登録はもちろん無料!)


機材をセット購入って楽そうですね

こんにちは。Mt.です。
宅録は、マイクがあって、オーディオインターフェースがあって、パソコンがあって、それから接続するための・・・ああ!!面倒くさい!!もう、一緒にまとめて購入できないの!?
という方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方にうってつけの記事がありました。
宅録機材 | 初心者が最初に揃えておきたい宅録に必要な機材とは!?(福田利彰様)

宅録機材 | 初心者が最初に揃えておきたい宅録に必要な機材とは!?

【Focusrite DTMセット Scarlett Solo Studio Pack USBオーディオインターフェイス / コンデンサーマイク / モニターヘッドフォン レコーディングパッケージ】 b00s4h5l2s

価格:43,065円
(2017/8/13 16:41時点)
感想(0件)

PRESONUS AUDIOBOX iTWO STUDIO マイクスタンドセット!安心の日本正規品!

価格:29,800円
(2017/8/13 16:42時点)
感想(0件)


すごくわかりやすい!!ありがたいですね。
私のブログにも、ご紹介されていた機材へのリンクを掲載しました。
ぜひご参考にどうぞ。
それではまた。