日本は四季があってすばらしい!(ほかの国にもあるよ)

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
もう冬も終わりですね。春が来て、夏が過ぎ、秋になり、また冬が来ますよ。
意味不明。けれど、真理ですよ。(だからなんだ?)
なのに、私の財布はいつも冬。
このブログもちょっとだけ収入源になってはいますが、書いている時間の割には稼げてはいません。
書くことがもう少し仕事になったらなあ・・・と思っていたところ、偶然、私のブログのサイドバーに、アドセンスの広告が出ていました。
Webライター求人サイト「カコー」

トップページ

スポンサーリンク


ぱっと見、単価が意外と高いと思いました。
クラウドソーシングサイトの求人だとライターは極限まで買いたたかれている印象がありますが、このサイトは良心的かもしれません。やってみようかなあ!
声優としてね!
意味不明。真理でもない。(だからなんだ?)
それではまた。

スポンサーリンク

絶対おすすめ「不満買取りセンター」

スポンサーリンク

おはようございます。Mt.です。

「不満買取りセンター」。このサービス、どうやら、ご好評のようです。
人間というのは不完全な生き物なので、絶対に正しい人というのはいません。
でも、中には自分の価値観こそが正しいと思い込んで、他人にそれを押しつけようとする人もいます。

そういう人に出くわすと、「ちっ、うぜえな」「きょうは運がないな」と心の中では思いつつも、「勉強になります」などと社交辞令を言わなくてはなりません。
対人関係は、非常にストレスが溜まりますよね。

どこかで吐き出して、ストレスを解消したいと思うと、人は、お金を使って娯楽に興じたり、時間を使ってSNSや匿名掲示板に不満を垂れ流すことになります。
これは、本当に、無駄なエネルギーを消費してしまっています。
このエネルギーが、お金に替わったらどんなにいいでしょう。
でも、そんな夢見ないな事が・・・

あるんです!
不満買取りセンター!(22世紀から来た青い何か風)
http://fumankaitori.com/

スポンサーリンク

家庭や学校での不満、お店で食事や買い物をした時の不満、仕事での不満などなど
ありとあらゆる不満を投稿すると、それを買い取ってくれます!
私の経験では、大体、一記事、5円くらいでしょうか。
一日10件まで買い取って貰えます。
正確には、ポイントを付与されて、それをアマゾンギフトポイントに変えられます。

アマゾンは大抵の物は売っていますから、ほぼ「お金」ですよね!
このサービスは、世界平和につながりますね。
是非、ご利用ください。

それではまた。

スポンサーリンク

価格破壊という単語

こんにちは。Mt.です。
なんとなしに、「価格破壊」という単語をインターネットで検索しましたら、なんと、このサイトが上から5番目に表示されていました。何と、あの牛丼の価格破壊の次ですよ!ありがたいことです。
なぜ、検索したかと言えば、他の全然関係ない業界でも価格破壊って進んでいるのかなと思ったからです。
今年になってから私が聞くようになった新しい単語、「エーアイ」「アイオーティー」「フィンテック」「ドローン」などがありますが、これはすべて、価格破壊を起こす物なんですね。
エーアイ(人工知能)…デスクワークの人件費
アイオーティー(物のインターネット)…物の連携に関わる人件費
フィンテック(金融とインターネットの融合)…金融業界の人件費
ドローン(小型ヘリコプター)…測量、輸送の人件費
などなど(結局人件費なのか…)
そう、時代は、価格破壊なんです。言い換えれば、超・効率化の時代なんですね。
お金がかかるのは、それだけ人の労力や時間がつぎ込まれているからです。
これがかからないとなると、必然的に、価格は下落していきますよね。
とはいっても、悲観することはありません。費用や時間はそれ以上に減るのですから。
人間が、自分自身のために使える時間が増えるのです。すばらしいですね。
宅録も、人の労力や時間を節約できるものなので、上に上げたものと同じような側面があるのだと思います。
価格破壊は必然といえます。
宅録で、ぱぱっと稼げれば、バイトを減らして、素敵な人生を謳歌できます。
時代についていきましょう。
取り残されたら、飢え死にしますよ!
それではまた。

お腹がすいて死にそうだよアンパンマン

こんにちは。Mt.です。
正月に働いていなかった事に加えて、給料日の谷間であるため、かなりの金欠に苦しんでいます。
昨日、今日、そしておそらく明日と、1日1食でしのぐことにしています。
この恨み、晴さでおくべきか。
それではまた。

ゲームを制作しているサークル(会社?)様です。

おはようございます。Mt.です。
声優の仕事といって、まず真っ先に思い浮かぶのが、アニメや洋画の吹き替えですよね。そして、もう一つ忘れてはいけないのが、ゲームです。ハードの発達によって、キャラクターに声があることが当たり前になってきました。
であるなら、ゲームを作っている会社にサンプルを送ってみるというのも、一つの方法ですよね。
今日ご紹介するのは、おそらくゲームを制作しているサークル様です。でも、もしかしたら、会社なのかもしれません。
メヤスバコ
http://meyasu-bako.com/
「RECRUIT」の項目に入って、一番下をご覧ください。
なんと、声優も募集しているではありませんか!
今年もサイトの更新が行われているようですし、活動の実態はあるようにみえます。
これは、挑戦してみる価値ありです!
当たって砕けろ!
それではまた。