平成30年夏・避暑地短期アルバイト出稼ぎ日記 その3

スポンサーリンク

おはようございます!Mt.です。
もうすぐお盆ですね。一足お先に田舎で涼んだ(アルバイトをした)お話の続きをしますね!
バックナンバーはこちらです。
平成30年夏・避暑地短期アルバイト出稼ぎ日記 その1
平成30年夏・避暑地短期アルバイト出稼ぎ日記 その2
前回は、アルバイトの内容をご紹介しました。
さて避暑地とはいえ、日中は暑いです…。
その施設内は冷房はきいていたのですが、浴室清掃時は温泉の熱気のせいで暑かった…。
私も暑い思いをしてましたが、温泉に来ていたお客さんも見た感じ暑そうです。
直接私にクレームは来ませんでしたが、お客さん達も「ここって避暑地じゃないのか?街中とあまり暑さ変わらないじゃん!」とぼやいてました。
私は悪くないんですけど、心の中で「暑く思われたので、あ・れ・ば、遺憾に思います」と、ちょっとお詫び申し上げました。
そんな感じで、15時頃仕事シフトが終わった後、用意された寝床に戻ってくつろぎタイム!
と言いたいところでしたが、一つ大きな問題が。
その寝床、冷房がなく扇風機のみ!!



昔は涼しく、冷房要らずな場所だったらしいのですが、ちょうどニュースで「熱中症注意」という放送がされまくりな時期だったので、ぶっちゃけ仕事終了直後の時間帯が暑すぎ!!扇風機の前から動けない!!
このバイトが不人気だった理由って、この日中の暑さのせいなんじゃなかろうか…
うちわ・扇風機を全力稼働させ、好きなだけ飲んでと言われた冷たい麦茶(ありがとうございます×3)で、日が沈むまで耐えておりました。
ただ、避暑地を誇る?場所なだけあって、20時ころになると急に涼しくなってきます。
その頃は網戸にするだけで、結構快適!
静かで、空気が美味しく、都会に比べたら星の数がはるかに多い!そして近い!
そんな最高の環境をつまみに、冷蔵庫に入れておいた地ビールを飲みながらくつろぎました。
ああ、生きててよかったっ!!

スポンサーリンク

【クール便限定・長野地ビール】志賀高原ミヤマブロンド 330ml

価格:545円
(2018/7/21 12:57時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です