【感想】オヨネコぶーにゃん13話「食べろ!鯉のぼり」

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
今回は、ゆでた家の鯉のぼりを、オヨヨの魔の手から守るお話です。
冒頭からいきなり飢えているオヨヨ。
家に帰るなりこの態度。
オヨヨ「お~い腹へったぞ、何かくれ、おいたまご、腹へったぞ!」
たまご「態度がでかい!帰ってくるなり卑しいんだから!おやつの芋が台所に置いてあるわよ!」

飼い猫なのに、本当に態度がでかいな!
口調が、タチの悪い昭和の亭主関白なオヤジのようだww
こんな態度の悪いペットにおやつが用意されているとか、ゆでた家の人々寛大すぎませんかね?
でもせっかく用意されていた芋だが、ネズミやモグラに取られて、オヨヨ災難。
一方、ゆでた家ではうずらの鯉のぼりを飾ってご満悦。
たまご「ママったら無理して買ったみたいなのよ」
たまご母「そりゃあ可愛いうずらのためですもの。親って子供のためにお金なんて惜しまないのよ」

いや、最近は親が子供を虐待とかの世知辛いニュースを聞くなか、たまご母は偉いなあ、と感じます。
ただ災難続き&空腹で乱心したのか、今度はうずらの鯉のぼりを高く売って芋を買おうと目論むオヨヨ。
それを止めようと、たまご母、子供たちへ指示。
たまご母「たまご、モンブラン! 何ボケッとしてるの! 早くオヨヨを止めてよもう!」
高価なものを守りたい気持ちは分かるが、自分の子ならともかく、よそさまの子であるモンブラン君にまで命令口調で指示するとか、考えてみるとすごい時代です。
オヨヨの悪あがきがありましたが、最後はなんとか、うずらの鯉のぼりは守れたようです。
まあ高価なものだから必死にもなるよな…

スポンサーリンク

【亭主関白(縦書)】書道家が書く漢字Tシャツ おもしろTシャツ 本物の筆文字を使用したオリジナルプリントTシャツ書道家が書いた文字を和柄漢字Tシャツにしました☆今ならオリジナルTシャツ2枚以上で【送料無料】☆ 名入れ 誕生日プレゼント 【楽ギフ_名入れ】 pt1 ..

価格:3,024円
(2018/6/10 22:52時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です