JR東日本駅紹介シリーズ・深谷駅(高崎線)続編・その1

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
既に先日記事にしている、深谷駅の紹介ですが…
また出張の機会があったので、駅前紹介で足りなかった部分+紹介した外食店「ステーキ宮」について語り足りなかった部分について、アトム株主の一員として(笑)さらに追加したいと思います。
深谷駅に着いて、前回は無かった癒されポイントがこちら。
深谷駅続1-1.jpg
なんと改札口を出た後の、駅構内の高い天井近くのくぼみに、ツバメの巣らしいものがありました。
ツバメ自体は、残念ながらお目にかかれませんでしたが。
人口密度の多い都会では、駆除せざるを得ないんでしょうが、人口密度の低さと駅構内の広さが幸いしてか、このままツバメの巣は残しておくつもりのようです。
深谷駅員の方々の恩情でしょうかね?
都会と田舎の中間的な街ならではの温かみを感じます。
でも深谷駅利用者の皆様、しばらく「落下物」にはご注意ください(笑)。
前回と同様、バスにてアリオ深谷に向かうことにしたのですが、ここはその待合場所の目の前にある花畑(畑ってほどの広さではないかもしれませんが)。
深谷駅続1-2.jpg
なかなか綺麗に手入れされていることと、ふっかちゃん看板効果もありまして、長く待たされていてもそんなに苦にならない場所&時間です。
でもこの日はステーキ宮に行くことが決定だったため、朝から何も食わずにいたことによる空腹に耐えるのが辛かったかも…?
いやいや、朝飯を何も食わない程度の空腹に耐えられないようでは、Mt.師匠のような限りなくホームレスに近い惨めな生活に自ら断食する修行僧のような生活に耐えられぬ!
この程度は当たり前の境地に至らねば。
(つづく)

スポンサーリンク

【送料込】【ステーキ宮創業の味】宮のたれ500gボトル2本入り

価格:2,500円
(2018/6/10 23:14時点)
感想(33件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です