【感想】オヨネコぶーにゃん16話「ネコずもう」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
たまごの私利私欲のため、オヨヨを鍛えるお話の続きです。
オヨヨの相撲特訓を見に来たモンブラン君。君も結構暇やな
モンブラン「何してるの、プロレスごっこ?」
たまご「見れば分かるでしょ! 相撲よ相撲!」
モンブラン「相撲? だったらたまごの教えてること、みんな反則ばっかりじゃない」
たまご「あ、そうかしら。でも要は勝てばいいのよ。優勝すればね」

「要は勝てばいい」とかすげー台詞だ、Mt.師匠か、どこかの美学のない悪組織の幹部みたいな台詞だな…
もはやコイツ、ヒロインと呼ぶに値しないんじゃなかろうか…?
オヨヨをネコずもうに出すと聞いて、それを止めるモンブラン君。
モンブラン君曰く、「千代の猫・三毛の里・猫の海」だの、優勝候補の強い猫ばかりが出る大会らしい。
昭和の有名力士の名前をパクっているような気もするが、まあ気のせいでしょう。
強い猫と戦うことを想像し、変な想像をするオヨヨ。

横綱 千代の富士 DVD全2巻セット

スポンサーリンク

価格:8,208円
(2018/10/26 22:51時点)
感想(0件)


オヨヨ「止めろ、抱きつくなって、気持ちいい~」
オヨヨの変な性癖(!?)に、全力で暴力込みのツッコミを入れるたまご。
ツッコミ方法がバットでぶっ叩くのはいただけないが、気持ちだけは分からなくもない。
たまご「お前の考えることは、どうもまともじゃない」
モンブラン君の話を聞いてネコずもう大会出場を断念する予定だったオヨヨだが…


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です