JR東日本駅紹介シリーズ・越後湯沢駅(上越線)その3

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。

駅の両出口を見て来たところで、ぶっちゃけ出口出て歩いても両方とも見どころがなさそうだったので気になっていた駅中のおみやげ街を見て回ることにしました。

歩き回っていたら、こんな看板がありました。

越後湯沢駅3-1.jpg
お酒は新潟県の名産品なので、日本酒の作り方を分かりやすく紹介している内容のようです。

ただ…私にとっては、酒(特に日本酒)は、前職で偉~い方の飲み会に付き合わされた際、嫌々飲まされた幹部の方々が私めの杯にお注ぎ下さって、二日酔いになるまで飲んだ苦い今思ええば懐かしく有り難い思い出がありまして(棒読)。

それと、そこを通り過ぎた時点で、14時くらいなのに昼飯がまだだったため「酒より、その酒を造る過程の、蒸し米を腹いっぱい食べたい」なんておかしなことを考えてしまっていたので、まずは昼飯をそこで食べることにしました。

スポンサーリンク

越後湯沢駅3-2.jpg
この越後湯沢駅、食べる場所はよりどりみどりで、食の楽園と言っても過言ではありません。

ただし…金持ちに限りますがね!!

例えば、一瞬候補に挙がった「ぽんしゅ館名物 爆弾おにぎり」なんですが、塩おにぎりでも400円くらい、具入りだと500~800円ですと!?

お米が美味しい新潟なんで、きっと普通のおにぎりとは別物の美味しさだと思うんですが…Mt.師匠同様フリーター同然の私は、とても足を踏み入れる勇気が持てませんでしたorz

その隣の甘酒味のソフトクリームも気にはなりましたが…松屋の牛めし価格とついつい比べて怯んでしまう自分の貧乏人根性が憎い(?)!

 

↓ココナラには、声優・ナレーターの仕事もあります!(登録はもちろん無料!)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です