【再掲】ボイスサンプルを作ろう。その2

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.です。

さて、ボイスサンプルの続きです。
前回は、見本としてプロのサンプルが載っているサイトをご紹介しました。
ああいった物があると、自分がどういう事ができるか、しっかり相手に伝わりますね。

今日は、そのボイスサンプルの長さについてです。

以前「大きい事は、良い事だ!」というお菓子のCMがありましたが(古すぎ)、ボイスサンプルは長ければ長い程良いのでしょうか

パティシエール チョコレートBOX(10枚入)(PP-677)

価格:5,198円
(2019/1/19 22:02時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

答えはNOです。(即答)

お客さんは、声の感じがわかればいいので、サンプルを全部は聞きません
ナレーションだったら、次のような事が審査対象になります。

・イメージに合った声質かどうか

・イメージに合ったスピード感かどうか

音の頭がしっかり聞こえて心を掴む

語尾が消えずに説得力があるか

ですので、イメージに合わなければ3秒で聞くのをやめてしまうでしょう。
そして、先に上げた4つは、15秒くらいでわかります

それだと、ボイスサンプルにストーリーをつけられないよ!
という方は、1分くらいに納まるようにしましょう。
内容が面白ければ、そのくらいは聞いてもらえますし、あなたのキャラクターが伝わります。
というわけで、私の経験上、一つあたり、15~60秒程度でいいのではないでしょうか。
ボイスサンプルについてはまだまだ続きます。
それではまた。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。