【感想】オヨネコぶーにゃん22話「お見舞は命がけ」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
モンブラン君お見舞い話の続きですが、案の定オヨヨは見舞うどころか、負傷している足の上に乗っかったり迷惑三昧。
いい加減、モンブラン君ぶちギレ(というほどでもありませんが)。
モンブラン「オヨヨ!お前が僕の実験の時に涎を垂らさなければ、こんなことにならなかったんだぞ!!」
お怒りごもっとも、むしろここまでオヨヨに文句を言わなかったことが不思議。
だが、オヨヨの迷惑行為は止まらず!
まずモンブラン君の点滴に空気を入れるという恐ろしいことをしていました!(今の点滴は空気が入らないようになっていると聞いたこともありますが)
医師「うわー!!何ということを!!」
…この時代の点滴は、空気が入ることに気を付けないといけなかったようです。
しかしオヨヨ、モンブラン君を殺す気か!?
次にはみんな揃ってモンブラン君の移動式ベッドを乗り物にするわ、やりたい放題!!
この番組の唯一の良心キャラ(モンブラン君)の命がマジで危ないです…
今じゃこのアニメ、内容的に放映できないんじゃなかろうか?
さすがにオヨヨたちのやりたい放題の天罰が下りたのか?
オヨヨを含む迷惑なご一行まとめて、モンブラン君同様入院決定。
…猫まで人間と同じ入院扱いでいいのか、という点は突っ込んではいけないのでしょう。

スポンサーリンク

【100個セット】点滴ドリンク/点滴ジュース 250mlタイプ

価格:15,000円
(2018/12/31 17:05時点)
感想(5件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です