WebCMのナレーションのオーディションを見つけました!(~締切不明)

スポンサーリンク

こんばんは。

COVID-19が流行してから広告の値段が下がっているのか、広告収入が激減しています。
ですのでこのブログやる意味あるのかわからないのですが、オーディション情報を見つけたのでシェアしようと思います。
もう条件反射ですね。

急遽オーディション案件!(東京ボイストレーニングスクール)
https://www.voitore.jp/event/audition-webcm-2020-07/

説明を見ますと、WebCMのナレーションのオーディションのようで、ギャランティも出る可能性があるようです。

スポンサーリンク

ただ、もしかするとこのスクールに通っている人限定なのでしょうか?
そうなると・・・ちょっと興味がうせてしまいますね。

詳細についてはそちらにお問い合わせください。
それではまた。

楽天カード


スポンサーリンク

日本ナレーション演技研究所の講師募集を見つけました!(~締切不明)

スポンサーリンク

こんにちは。

声優関係の仕事を探していますと、よく目にするのが養成所の講師ですね。
作品への出演は収入が安定しませんが、決まった日時に仕事のある講師の仕事は良い収入減なのかもしれませんね。

さて、COVID-19流行中で養成所も営業するのかわかりませんが、講師の募集を見つけましたのでリンクを貼ります。

スポンサーリンク

演技指導の講師/活躍中の声優を多数輩出している養成所(求人ボックス)
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/jb/102414e638715d1cd04f747baf34686e

もし授業がなくても収入があるのか、ないのか。
想像ですが、養成所生は立場が弱いので授業がなくても授業料を払えといわれたとしても断れない人もいるかもしれませんね・・・。
収入減ですからね。

それではまた。

スポンサーリンク

ケンユウオフィス付属養成所talkbackが21期生を募集しています!(~締切不明)

こんにちは、Mnt.です。

吹き替えやナレーションで多数の人が活躍している「ケンユウオフィス」の付属養成所で、生徒を募集しているのをみつけました!

ケンユウオフィス付属養成所talkback 21期募集要項
http://kenyu-office.com/talkback/talkback_tokyo/

入所試験は、2019年11月23日(土)・2020年1月17日(金)・2020年2月22日(土)とのことで、すでに2回は終わってしまったようですね。

応募締め切りについては書かれていないのでわかりませんが、残りの1回2020年2月22日(土)は未来であり、まだ応募フォームもあります。

つまりまだ応募をしている可能性があるということです!

私のブログでは直接的に仕事につながるオーディションを探すのが主となっていますが、業界の傾向としてまだ声優事務所というものが仕事を握っていることが多いです。
声優志望者人それぞれに戦略はありますが、養成所所属を狙うというのも依然として一つの大きな戦略と言ってもいいでしょうね。

興味のある方は是非申し込んでみましょう。
試験料が5000円と結構しますが、それを高いとみるか安いとみるかは貴方しだいです!

それではまた。
こちら、堀内賢雄さんのエッセイを見つけました!

【中古】 俺の部屋へようこそ 声優・堀内賢雄エッセイ集 / 堀内 賢雄 / コーエー [単行本]【ネコポス発送】

価格:544円
(2020/1/19 12:05時点)
感想(0件)

ネット声優って癖がつくの?

こんばんは。Mnt.です。

なかなかブログを書く時間がないですが、この火を消してしまったら、夢の不労所得への道が途絶えてしまう…!ということで、今日も取りとめもない事を書きましょうかね。

何となくネット声優で検索をしていたら、出てきました。
在宅ワークという視点でネット声優を捉えた記事です。

在宅ワークスタイル(中田亮治様)
http://zaitakuworking.net/netseiyuu/

この方もおっしゃっていますが、「ネット声優をすると喋り方に癖が付いてしまう」ことについては、私もピンときません。プロの声優の立場からそう思います。

なぜなら、「癖」ってものが一体何なのか、定義できない人が語るからですね。おそらく、そういうイメージという事で知ったかぶりしているのでしょうか。

それとも、「だから、養成所へ行け」という養成所のための宣伝文句かもしれません。(ちょっと腹立たしいですね)

養成所なんて、行かなくても上手い人はいますし、行っても癖のある人はいます。
演技というのは、絶対的な正解がないし、絶対的な不正解もないんです。

でも、「必要とされる技術を提供すれば、お金を払っていただける」という事は、私の実感として、正解に「近い」ことなのかなあと思っています。そこに価値が生まれれば、そこまでの過程なんて、どうでもいいんです。

私の知人にも、演劇部経験なし、舞台経験なし、養成所経験なしの人が声優をプロとしてやっている人がいます。それでも良いと思います。

「価値を生み出すために何が必要なのかを、考える事」が必要なんだと思います。養成所に行った事で安心して思考停止する人間はほぼ100%、プロにはなれません。

それではまた。
↓ココナラには、声優・ナレーターの仕事もあります!(登録はもちろん無料!)


夢を見て終わる人生もまた良き哉・・・(私はいやですが)

こんにちは。Mnt.です。

人生短いんだし自分の好きなことをやってストレスなく生きて死ぬのが一番幸せなんじゃないかというのが、私の持論です。声優は仕事は楽しいですよ。

生活が苦しいだけです。

でももし私が専門学校なり養成所に通った末、まったく仕事ができなかったらと思うと寒気がしますね。本当に人生を捨てたような感覚になるでしょう。

そうならないためにも、情報収集をしっかりしたいところです。そこで、色々な情報のあるサイトを見つけました。

声優になろう
https://www.venusinfurbroadway.com/

「声優になるには?」という項目は、ごく一般的な声優になるルートのようなものをわかりやすく説明してくれています。必要なことなども書かれているので、勉強になりますね。

私もかつて養成所というところにいましたが、声優になれなかった知人は本当に精神がつぶれてつらかっただろうなと思います。追跡取材をしたことがないので、私の知人が声優をあきらめた後でどうなったかわかりません。

養成所をやめる人はだれにも何も言わずひっそりいなくなるのです。(今日のような、秋風の吹く頃に)
携帯の連絡先はいつのまにか変わって音信不通になります。
住所もいつのまにか変わって年賀状が返送されてきます。
心配です。

新しい幸せをつかんでくれてたらいいと思います。
それではまた。

どうしても困ったらA8.netに登録して私と同じようにアフィリエイトやりましょう!