重甲ビーファイター44話「生命の蝶現る!!」その3

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。

拓也と戦う気満々のブラックビートに対して、拓也は戦いを「断る」ときっぱり返事し、クローンの身であるブラックビートに同情し、「戦うのもうやめね?(要約)」と語りかけるが…。

やはり期待を裏切らず、ブラックビートは激オコプンプン丸(?)でしたよ。
いやいや、そういうやりとりはブラックビートを怒らせるだけじゃね?
戦うの止めたら、ブラックビートは安定した住所や職業を失うし…。

え?問題点はそこじゃない?

星が破滅する時にしか現れないらしいセントパピリアですが、ガオーム様と三幹部が地球氷河期作戦発動頑張ったことが功を奏して「あ、これ寒すぎて地球もう終わりじゃね?」な感じ(?)で現れましたよ。

ガオーム様「来た…ついに来た…!捕獲作戦、発動!」

ガオーム様、とうとう望みが叶うかもしれない直前で、どうやら気分は「オラわくわくしてきたぞ!」状態のようです多分。
永遠の命ゲットに向けて頑張って下さい!!(…でも、ガチの悪役が永遠の命を手に入れた前例ってほとんど無いんですよねえ…)

スポンサーリンク

ガチの殴りあいを続けていた拓也とブラックビートですが、そこに現れた人間と蝶の融合したような謎の生き物・セントパピリア。
その変わった風貌が物珍しいのか?ようやく生身同士の痛々しい殴りあいを止めてくれました。
どっちも変身(重甲&邪甲)して戦えばいいのに…いやいや、拓也もブラックビートも、たまには視聴者にイケメンアピールしたい気分だったんでしょう(???)
…マジレスすると実際には拓也とブラックビート(シャドー)にせっかく双子役者を使っいるので、シャドー=拓也のクローンを強調したかったのかと思いますが。



スポンサーリンク

重甲ビーファイター44話「生命の蝶現る!!」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。

前回はうっかり詐欺被害話に脱線してしまいましたが…。
今回は、ガオーム様の地球氷河期再現によるセントパピリア(永遠の命)捕獲作戦の続きをちゃんと追いたいと思います。

あ、そういえばジャマール幹部・ブラックビートが主人公・拓也のクローンということも分かった回の続きでもありましたね。
ちょうどこの感想を書いているのが冬なので、マイナス80度だの言われたり、番組内で氷河期作戦の光景を見ていると益々寒くなりますが、寿命があとわずかのガオーム様を応援しつつ書きたいと思います。

正体を明かしたので、もう遠慮無用な感じで&テンションUPで拓也に襲いかかるブラックビート。
ガオーム様の作戦なんぞそっちのけな、俺様至上主義なところは相変わらずです。
それどころか、ガオーム様の地球氷河期再現機械まで壊してましたよこの人…。

スポンサーリンク

社員に温厚なガオーム様もそろそろクビにするんじゃね?

と思いきや。

ジェラ「ブラックビートめ、衛星のコントロール装置まで(破壊するとは)!」
ギガロ「構わん!装置がなくても、衛星は回る!」
シュヴァルツ「ビーファイターもブラックビートも地球も、みんな終わりだ~!」

どうやら三幹部が氷河期装置を自動化していたようでひと安心です。
ああ、またブラックビートがガオーム様から白い目で見られる原因が増えたorz
三幹部の機転のおかげで、氷河期作戦は無事続行。



スポンサーリンク

【感想】重甲ビーファイター44話「生命の蝶現る!!」その1(私Mj.の投資詐欺被害愚痴含みます)

お世話になっております。Mj.でございます。

御無沙汰してしまいましたビーファイター感想ですが、ようやく108円の生活余裕ができた(?)ため、前回の続きを語りたいと思います。



次回予告より、今回のあらすじになります。

拓也「重甲!」
シャドー「邪甲!」

「光と影の謎が全て明かされ、本当の戦いが幕開く。終わりなき死闘の最中、ガオームの真の目的の全貌が明らかに。絶体絶命の地球に訪れる、眩い閃光。ついに姿を現す、伝説の超生命体、セントパピリア!」

あれ? ガオーム様が永遠の命を欲しているという真の目的は、結構前々から明かされてませんでしたっけ?
まあ、そこは突っ込んじゃいけないところでしょ~かね。

なお、この番組で私が贔屓をしている悪の組織・異次元侵略軍団ジャマールなんですが…

この平成30年に私含むソーシャルレンディング投資家を苦しめた現代の悪の(詐欺)組織、

白石伸生阿藤豊率いる「株式会社みんなのクレジット(現スカイキャピタル)」

田中翔平率いる「ラッキーバンク・インベストメント株式会社」

の、卑劣な30億円単位の資金強奪と比べると、同じ悪いことをしているけどこそこそせず堂々と侵略活動している分、ジャマールはまともに見えてしまいます。

おっとっと、うっかり番組とは関係無い私怨が出てしまいました。
次回はちゃんと感想を語りたいと思います!

【感想】重甲ビーファイター43話「見た!黒の素顔!!」その5

お世話になっております。Mj.でございます。
懐かしさ&クライマックスが近い回だったので、テンションが上がってしまっていましたが、43話感想はこれでラストになります。
ブラックビート「貴様を倒さない限り、俺は俺になれないのだ」
意味深な発言を続けていたブラックビートですが、その理由もやっと明らかになりました。
最後にタイトルどおり、ブラックビート(シャドー)の招待が拓也のクローンだということが判明。
しかし…
ガオーム様の地球氷河期作戦のインパクト(特にマイナス80度)が壮大すぎて、今回、ブラックビートの正体という本題は霞んでしまった感があります。
ガオーム様「今こそ出でよ、出でよセントパピリア。我が前へ、ガオームの前へ」
ブラックビートが正体明かしてても、ガオーム様からも完全スルーされているし(T_T)
まあガオーム様の事情(寿命が近い)を考えると、やむを得ないのですが。
次回、ガオーム様は無事セントパピリア(=永遠の命)を手に入れるのでしょうか!?
あとついでに、ガオーム様自身は、こんなに地球を寒くしてお身体に影響はないのでしょうか!?
先程のガオーム様の体調不良は、単に寒さのせいだったりして(?)
無期延期の重甲ビーファイター感想記事ですが、私Mj.が44話をレンタルする生活資金の余裕ができる(?)まで、皆様ごきげんよう。


【感想】重甲ビーファイター43話「見た!黒の素顔!!」その4

お世話になっております。Mj.でございます。
前回の感想の続きになります。
ここでビーファイター側の博士が「生命機能が耐えられる限界温度はマイナス80度」とか言っていたんですけど、実際にそんな温度で生きていける生物がいるんでしょうかね!?
プラス80度と言われたら確実に死ぬ気温と分かるけど、マイナス80度と言われてもいまいちピンとこない…
まあ私はマイナス80度どころか、マイナス20度でも命尽きそうなんですが。
途中で3幹部の地球氷河期作戦進行を邪魔したはるかという少女&カブトムシが出ていましたが、当然3幹部の立場としては邪魔者は始末しなければならない。
ジェラ「抹殺!地獄に落ちるがいい!」
と言葉だけは威勢いいが、全く命に別状ない攻撃しかしません。
さすが子供向け特撮番組の幹部、紳士的?です!
3幹部はこの氷河期作戦中、ビーファイターは寒さに弱いという弱点を突いて有利に戦っていましたが、彼ら自身は寒さは平気なんでしょうか?
特に、3幹部の中では一番人間に近そうなジェラあたりは。
実はあの真っ赤な鎧は耐寒防具なのかも?
そういえばブラックビートも普通に戦っていたし、ジャマール幹部には何か耐寒措置がされているのかもしれない。
しかし逆に、この作戦中シュヴァルツはくしゃみをしていました。
あんた戦闘メカなのに、何でくしゃみが出るんだシュヴァルツ?
(つづく)