コミュ障でも大丈夫!みんなのクレジット被害について、消費者センターに情報提供しに行こう!!その2

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
前回
コミュ障でも大丈夫!みんなのクレジット被害について、消費者センターに情報提供しに行こう!!その1
http://www.net-seiyu.com/article/461318371.html
の続きです!
さて、今回は、私が消費者センターに行く際に用意していった資料をご紹介します。
言葉でしゃべるのが自信ない時は、とにかく「こういうのがありまして…」と出せるものがあると超便利!
インターネットで出てきたものは、右クリック→印刷→PDFで印刷→保存とすると、PDFで資料を作れます!
ぜひ試してみてください!!
次のようなものを持っていきました。
1.みんなのクレジットの「マイページ」→PDFにした
 いくら損したのかを説明した時に、これがあるとわかりやすいです。
 なお、
「未償還金額」が、まだ返ってきていないお金
「ご返金額」が、債権譲渡により返ってきた、いわゆる3%のお金です。
説明する時は、未償還金額とご返金額の合計の債権が100%→(債権譲渡)→ご返金額が3%というイメージを伝えましょう。
 そして、マイページ→投資履歴→成立した案件と降りていくと、自分が投資したファンドが表示されます。これもプリントしました。
2.被害者の会にある、消費者センターへ行く際のマニュアル

消費者センターへ

スポンサーリンク


 これは、自分のために持って行ったのですが、消費者センターの方も興味を持っていたので、持っていくといいでしょう。
 被害者の会のアドレスも伝えられます。
3.東洋経済の記事
みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態(2017/04/01 6:00)
https://toyokeizai.net/articles/-/165529
事件当初の記事です。この頃はまだ楽観的でした・・・(遠い目)
「みんなのクレジット」のあきれた実態 「調整お見舞金」の謎(04/14号, 2018)
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17889
例のふざけたお見舞金についての記事です。白石伸生の憎らしい顔も載っています。
4.東京商工リサーチの記事
みんなのクレジット、投資家無視の「禁じ手」を実行か(2018.03.06)
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20180306_01.html
この資料が一番、事件のあらましを説明する時に使えました。
「創業者の白石伸生・元代表取締役が、集めた資金を自身の借入返済等に充てていたことも発覚」という文言も含まれるので、事件のずさんさを伝えることができます。
いかがでしたか?頼もしい資料をそろえると、なんだか、勇気が湧いてきますね!
さて、次回は、実際にどんなやり取りをしたらいいのか書こうと思います。
それではまた。

くらしの豆知識(2018年版) 特集:ネット活用の心得 [ 国民生活センター ]

価格:514円
(2018/8/29 08:01時点)
感想(3件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です