それでも私は飲んでない

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。

さて、今日は普段私は、

飲み会なんて行く必要ない。なぜなら、リアルのスタジオ収録の相手は、飲み会に出席しても必ずしも仕事をくれない(くれたことない)。
宅録の相手は、会ったことない人達ばかりだから、必要なのはビジネススキルだけだ。

という立場なのですが、やはり、リアルの声優の方々の中には飲み会というものを重視する方もいらっしゃいます。
物事を考える際には、自分と同じ考え方だけではなく、逆の考え方も見なくてはならない。

そう思います。

そこで、ネットでたまたま見つけた、飲み会が必要だと考える方のブログを拝見してみたいと思います。

ガラクタマガジン(畠山豪介様)
2016/1/22 身も心もしばれる夜と、貧乏若手声優の飲み会。
http://ch.nicovideo.jp/gosuke_garakuta/blomaga/ar955303

飲み会に参加する一番重要と指摘されているのは次の点ではないでしょうか。

「本当に先輩役者やスタッフさんのお話が聴きたかったら、何としても飲み会に行かなきゃ。」

そして、金がない若手がどうやって乗り切るのか。以下のようにおっしゃっています。

「とにかく先輩や偉い人のいるテーブルをトークで盛り上げます。で、一番笑ってくれた先輩にお会計の時に「すみません、お金無いです。」と正直に言います。トークが本当に面白かったなら奢ってもらえるもしくは貸してもらえるはずです。トークが出来ない? それは知らん。スキルを磨け。」

スポンサーリンク

とてもきついお言葉です。私の胸に突き刺さります。
彼の戦略は、私にとってはかなり高度なものであり、その「スキル」について何ら一切の努力をしていないのは、事実です。

では、私は飲み会に行くようになるかというと、やはりNOです。

私は、別の「スキル」を磨こうと思います。
すなわち、人に会わなくても仕事を得るスキルを磨くのです。

報連相のビジネススキル、相手の要求を即座に理解し演技に反映させる瞬発力。そして、費用を徹底的に抑え、金額としては少ないギャラでも十分に利益が出せる管理能力。これこそ宅録の真骨頂です。

そしてまた、これはリアルの収録でも、仕事やってるだけなのにスタッフさんに一目置いてもらえる能力です。

私は、戦略として飲み会に行く方々を否定はしません。彼らは彼らの強みを生かして、命がけで仕事を取りに行っているのです。尊敬します。私も、私の得意な価格破壊スキルで、仕事を取りに行きます。

さあ、同業者の皆さん、正々堂々戦いましょう!!声優活動は、合法的な殺し合いです!

それではまた。

スポンサーリンク

稽古とバイトのローテーション

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
今日は夜稽古でした。腰が痛いです。筋肉を使った後の肉って美味しいですね。

タイトルについて
売れない声優って普段何をしているか。
それを一言で表現してみました。

これを私はもう9年続けています。
その結果、声優としての収入は、月平均で3万円くらいです。
あ、今、しょぼーん(´・ω・)とした声優志望のそこの貴方!

回れ右して、就職活動しましょう!!

スポンサーリンク

おまっ、この仕事で月3万稼ぐのどんだけたいへんだと思ってんだよ!!

夜遅くて力尽きたので、今日はここまでです。

それではまた。



スポンサーリンク

多忙につき更新頻度が下がっています

こんばんは。Mt.です。

このところ収録が立て続けにあり、ブログまで手が回りません。
見捨てないで・・・と書こうとした矢先、アクセス数を見ると、もうほとんど読まれなくなっています。
ま、いっか。
今週の日曜までは、こんな感じです。

それでは、また。



ついに記事100個目!!100円でいいから下さい!

こんばんは。Mt.です。

今日もこんな時間になってしまいました。

タイトルの通り、今回がブログを始めて、100回目の記事です。(リンク切れなどで削除した記事もあるので、表示されている記事数はもっと少ないです。)
といっても、まだやる事があるので、くだらない事を書きます。

先日、仕事関係の打ち合わせで、焼肉をおごっていただいたんですよ。
いやあ…うまかったですね。五臓六腑に染みわたりました。

ただまあ、ちょっと失敗しちゃいましたね。

注文する前の段階では、おごってもらえるのか割り勘なのか判断がつかなかったので(わざわざ聞いていいのかわからなかったし)、メニューの中で一番安い「お得用」だか「サービス」だかの枕詞がついたカルビにしようとしたんです。

もし割り勘だったら少しでも安いものを頼んだ方がダメージが小さくなりますからね。そうしたら、相手の会社の人が、「いいよ、気にしなくて、こっちとか頼んだら」と言ってくれました。

こっちと指された肉を見ると、「上カルビ」って書いてあったんですね。
(上…上ってなんだろう…?体の頭に近い方の肉なのかな?それとも…)

「この上(うえ)カルビって、上から落として焼くんですか?」と聞いてしまったんです。

そうしたら、「え?」というような顔をされてしまいました。

これは失敗しましたね。

「上」っていうのは、上下左右の上ではなく、上質という意味だったんです。

焼肉なんて、高くてとても触れる機会がないから、そういう文化を知らなかったんです。

貧乏だと、色々損しますね。でも、仕方ないです。プロとして生き残り続けるには、切り詰められるところは徹底的に切りつめないと。
うまかったです。うまかったけれど、サービスカルビと上カルビの味の違いはわかりませんでした。

何食べてもうまいんです。普段、質素ですからね。

それではまた。



ネット声優って癖がつくの?

こんばんは。Mt.です。
なかなかブログを書く時間がないですが、この火を消してしまったら、夢の不労所得への道が途絶えてしまう…!ということで、今日も取りとめもない事を書きましょうかね。
何となくネット声優で検索をしていたら、出てきました。
在宅ワークという視点でネット声優を捉えた記事です。

在宅ワークスタイル(中田亮治様)
http://zaitakuworking.net/netseiyuu/

この方もおっしゃっていますが、「ネット声優をすると喋り方に癖が付いてしまう」ことについては、私もピンときません。プロの声優の立場からそう思います。
なぜなら、「癖」ってものが一体何なのか、定義できない人が語るからですね。おそらく、そういうイメージという事で知ったかぶりしているのでしょうか。

それとも、「だから、養成所へ行け」という養成所のための宣伝文句かもしれません。(ちょっと腹立たしいですね)

養成所なんて、行かなくても上手い人はいますし、行っても癖のある人はいます。
演技というのは、絶対的な正解がないし、絶対的な不正解もないんです。

でも、「必要とされる技術を提供すれば、お金を払っていただける」という事は、私の実感として、正解に「近い」ことなのかなあと思っています。そこに価値が生まれれば、そこまでの過程なんて、どうでもいいんです。

私の知人にも、演劇部経験なし、舞台経験なし、養成所経験なしの人が声優をプロとしてやっている人がいます。それでも良いと思います。

「価値を生み出すために何が必要なのかを、考える事」が必要なんだと思います。養成所に行った事で安心して思考停止する人間はほぼ100%、プロにはなれません。

それではまた。