「自分だけ、駐禁きっぷを切られる」ことの合理性

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.だよ~ぉ。

仕事に行く途中、駐車禁止のところに車を停めた人が、警察に事情聴取されているのをみました。その人の表情が、消化不良の極みのようでした。(何故自分だけが…)という雰囲気で、見ているこちらまで胃が痛くなりそうでした。

駐車禁止違反で捕まらないために
http://xn--korr26c34jzwuryb75y.com

駐禁だけでなく、スピード違反のケースでもありそうな情景です。何故自分だけが…という気持ちはよくわかるのですが、私は、この警察側の行動には、合理性があると思います。

まず、大目標として、駐禁は一人残らず摘発するというのがあります。しかし、これは、物理的、経済的、時間的に不可能だと思います。
では、公平性を実現するために、全員を見逃すのはどうでしょうか。ダメですよね。即答できます。

そこで、駐禁違反の根絶から、駐禁違反の減少に、目標をシフトします。
この目標なら可能です。その場合、より少ないコストで目標を達成することが、次善策となります。(無作為抽出なら、まあまあ公平性もあると考えられます)
それが、一部の違反者を路上で長時間晒すという作戦になります。

あなたが道路を走っていて、駐禁で違反きっぷを切られている人を見たら、どう思うでしょう。当然、(ああはなりたくねえよな…俺も駐禁に停めたことあるけど、今後は控えよう)と思うでしょう!

なんと、一人の見せしめにより、複数人の駐禁違反を未然に防ぐことができるのです!

ネットでも同じです。もし悪意の書き込みをされたら、一人でも良いから犯人を突き止める事ができれば(これがちょっと難しいですが)、家をゴキブリに占拠されたような絶望的な状況からの、脱出の糸口が見つかります。

スポンサーリンク

ゴキブリは一匹を退治して置いておいても、それを喰ってさらに増えますが、人間には、知能があります。不快な書き込みは少しは減り、平穏が訪れるでしょう。
世の中で、(悪意のある人間の劣等感を源泉にした)不条理な攻撃をされた方々にとって、希望の光となると思います。

ネットいじめを根絶しましょう!

ん?私は違反したことあるかって?

ありませんよ。免許持ってないですから。(原付のみ)

私の車離れ、ではなく、お金の私離れです。

それではまた。

今、会社で理不尽な扱いを受けている方!
収入源を増やして、戦う力を持ちましょう!
手始めに、ソーシャルレンディングはいかがでしょうか。








スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。