JR東日本駅紹介シリーズ・倉賀野駅(高崎線)その3

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.です。

引き続き、高崎市倉賀野町居住時にお世話になった施設シリーズです。
Mt.の貧乏フリーアルバイター日記と化している気もしますが、お気になさらず…

衣食住のうち、「食」はフレッセイで確保。「住」は工場で用意してくれてる。
さて次は、私のキモい趣味の書籍が発売したらすぐに購入できる本屋の確保です。

え? 「衣」が抜けてる?

「衣」は、ホームレスのようだったり(その一歩手前ですが)、警察に逮捕されるほど酷い衣類でなければ、別に何だっていいんですよ。
オンボロ服のほうが勧誘とかされないし。

ipp

本屋として確保したのは、こちら「文真堂書店・倉賀野店」。
結構広くていい本屋です。

スポンサーリンク

ついでにフレッセイや文真堂書店から道路を渡って、マックもあります。
ここ10年くらい、100円で買えるメニューしか買ったことありませんが。
ハッピーセットでキモいアニメのおもちゃが付けば喜んで買うのに
でもちょっと外食したい気分になったときは便利ですね。

ipp

え?「ファッション市場サンキ」もあるって?

今までの執筆内容で、私がファッションショップで衣類を買うほどのセレブに見えますか?
いやいや、これで衣食住のうち「衣」の面も安心です(今まで以上の棒読)。

今までの店は、その時住んでたアパートの近くのみの紹介でしたので、次回は倉賀野駅や勤め先の工場近くを中心にご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。