声優志望者を標的にした詐欺って簡単に見つかるのですね

スポンサーリンク

おはようございます。Mt.です。
昨晩、K案件を掲載しました。
そういえば声優に関する詐欺というのはどのくらいあるのだろうと思いました。
そこで、「声優 詐欺」で検索掛けたところ、一番上に出てきたのが、こちらのブログでした。
これは詐欺。とある制作会社オーディションから今まで(りのの色々レビュー 管理人:りの様)

これは詐欺。とある制作会社オーディションから今まで

スポンサーリンク


なんかもう・・・突っ込みどころ満載ですね。
私が許せないのは、チラシで募集した企画に参加する条件が
1.事務所を辞めること
2.ノルマがあるので、その分は自費で購入して販売すること
というところですね。
アホかと。
一般企業ですら、副業を許可するところが増えてきたご時世、仕事でもないものに拘束されなければならないのでしょうか。
しかも、ノルマって…。
ノルマをご存じない方に簡単に説明しますと、小規模な舞台などではよく採用されるスタイルですが、制作するさいのお金を携わる人間からまず徴収し、売上げたら一部を役者に返していくというものです。
つまり、制作費を、役者が払うってことですね!!
ノーギャラどころか、制作側が役者からの借金した上で、全額返済する保証もないシステムです。
インド人もびっくりでしょう!
(インド人の方へ:これは日本の伝統的なジョークの一つで、あの遠い異国のインドの方でさえびっくりするほど、驚くべき事だ、という例えです。インドへの嫌悪感は一切含まれておりません。)
記事では、りの様が注意すべき点について記述されています。
これから声優を目指して上京される方、是非ご一読ください。
東京には、人間の皮をかぶった妖怪がたくさんいますよ。
それではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。