単純明快!声優業界に価格破壊の逆をいくもの!

スポンサーリンク

おはようございます。Mt.です。
このブログでは、声優業界に価格破壊を!とかいってます。ですので、「貴様!業界に喧嘩を売っているのか!?」と目を吊り上げながら血圧上げちゃう方が、まれにいらっしゃるのではないでしょうか?
アハハ、そんな曖昧模糊としたものに、喧嘩なんて売れるわけないじゃないですかあ?
違いますよ、私は、必然的にそうなると言っているだけです。
こちらの記事をご覧ください。
ヤマト、年末の時給2000円 物流人材争奪戦(2017/11/14 18:00日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2345980014112017TI1000/
一時期、アルバイトの時給を1500円にしろ!というデモ行為に対して、「アルバイトの分際で生意気な!」と憤っていた方々もいらっしゃるでしょうけれど、これが現実です。
働く人が少なければ(人の供給が減れば)、時給は上がるんです(人の需要は上がる)。
声優業界は、逆ですよね?
あとからあとから、人がどんどん供給されてきています。
ギャラは下がって当然でしょう?
単なる自然の摂理ですよ。
この世界で生き残っていくためには、その摂理を自分の味方にしましょう!
というのが、このブログの本意です。
ね?全然悪くないでしょ?
それではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。