【感想】重甲ビーファイター18話「大首領死す!!」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
今回はブラック企業の管理職よりは、はるかに優しいガオーム様が自ら戦います。
ガオーム様に最後のチャンスをもらった3幹部でしたが、思いのほか早くピンチに陥ってしまいました。
ぶっちゃけ前回の合体怪人デスマルトより弱いような…
その前に現れたガオーム様。
目的はビーファイターの力を探るためだったようですが、結果的に首領自ら3幹部を助けに来るとかお優しいw
さすがに3幹部より強かったガオーム様ですが、展開の都合か時間の都合か、正義の力の前にあっさり敗れてしまいました。
だけど私はこの時を待っていた!
これよりガオーム様、巨大化かつ不気味なお姿に進化。
デザインに威厳が出て、さらにかっこよくなりましたよ!
そして3幹部は処刑でも放置でもなく、しっかり自らジャマール要塞に回収。
何だかんだで配下を大事にしてくれてる上司かも…
ガオーム様「ビーファイター、お前たちの力の秘密は、全て手に入れた!本当の戦いは、これからだ!今こそ分かったぞ!虫には虫なのだ!!」

力の秘密を探りながら戦っているんじゃ、全力も出せませんよね…ガオーム様自ら現場出張お疲れさまでした。
そして、これから悪のビーファイターを作るってわけですか。
とうとう次回から暗黒の戦士・ブラックビートの登場でジャマール要塞のやりとりが更に面白くなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。