いまだにスタジオの収録機材のセッティングについて理解していませんでしたが…

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
自宅での収録では、マイク→オーディオインターフェース→パソコンと接続しています。
非常にシンプルなので、わかりやすいですね。
しかし、実際のスタジオではもっと大きな機材がたくさんあります。
あれは、一体、何なのでしょうか?
実は、私もよく理解していませんでした。
なかなかわかりやすいサイトがなかったのですが、ついに、いい記事を見つけました!
取り急ぎ、ご紹介します!
宅録とスタジオ録音の【音質の差】はどこから生まれるのか?(ワンズウィル様)

宅録とスタジオ録音の【音質の差】はどこから生まれるのか?


マイクとオーディオインターフェースの間に、「マイクプリ(ヘッドアンプ)」「コンプレッサー」という2つの機材があることがわかります。
なるほど、これらが、あの大きな機材の正体なんですね。
私の住んでいる部屋は防音こそ比較的いいものですが、いかんせん四畳半です。
なかなか大きな機材を置くスペースの確保が難しいのが現状。
ですが、このブログを収益化し、より広い部屋(もちろん防音はしっかり)を借りて、マイクプリとコンプレッサー、欲を言えばしっかりした防音室の導入を考えています。
戦いに勝つには、己を鍛えることが一番大事ですが、装備も重要ですよね。
何だかロールプレイングゲームをしているようで、楽しくなってきます。
それではまた。

スポンサーリンク

●ART Tube MP Studio V3

価格:11,000円
(2018/3/4 16:49時点)
感想(0件)

【3/5(月) 00:00~23:59 はポイント5倍♪】FMR Audio RNC1773 Eバージョン コンプレッサー 【FMRオーディオ RNC1773(E)】【梅田ロフト店】

価格:35,100円
(2018/3/4 16:50時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。