【感想】オヨネコぶーにゃん10話「ミケネコに変身」

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
今回は、オヨヨが恵まれた飼い猫ミンミンの絵本を読んで、それを妬む…じゃなく憧れてそれを真似するというお話です。
読書中のオヨヨだが、そこに声をかける、たまごの弟うずら。
うずら「オヨヨ~遊ぼうよ~遊ぼうったら~」
オヨヨ「読書中だ、邪魔するな」
うずら「読書?」
しかし、あれだけ普段からオヨヨに痛い目に逢わされているのに、よくうずらもオヨヨを遊びに誘うもんだ…
まず、この絵本の出だしです。
「オスネコのミンミンは、値段が高いのでとっても大切にされています」
いきなり現実的だな!
金の話から始まるとか、コレ本当に子供向けの絵本か!?
たまごに自分の値段を尋ねるオヨヨだが、タダ以下との返事がorz
まあ分かっちゃいたが。
悪戯をして花瓶を壊してしまったが、お詫びに飼い主に甘えるミンミンのシーンを読むオヨヨ。
オヨヨ「『三毛猫のミンミンが甘えるとみんな優しくなります』だと!? なんちゅうこずるい奴!! 悪いことをしても甘えれば許してもらえるなんて、猫の風上にも置けん!」
言うことは立派…な気もするが、可愛くないオヨヨがそれを言っても負け犬の遠吠えにしか聞こえんw
それにお前、普段から悪いことばかりしてるのに詫びもしないだろww
まだミンミンのほうがマシだと思うぞ!?
試しにミンミンのように、たまごに甘えてみるオヨヨだが、その肥満体ゆえ、たまごを重みで潰そうとしているようにしか見えません…
結局、絵本のミンミンの真似をしても、体型も性格もあまりにも別物すぎて上手くいかないオヨヨの話でした。
まあ、日頃の行いのせいかあまり同情できませんでしたが。

スポンサーリンク

金工作家・光則作純銀製「三毛猫」【代引き手数料無料】【送料無料】

価格:140,400円
(2018/6/3 16:33時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。