JR東日本駅紹介シリーズ・籠原駅(高崎線)その1

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
今回は、先日紹介したことのある見どころ駅、熊谷駅と深谷駅の間の籠原駅をご紹介しようかと思います。
ただ、ここも熊谷市なのですが、見どころ的には熊谷駅や深谷駅にはちょっと劣ります。
ただ、この駅はJR的には結構重要と思われる駅で、高崎線上りでは車両を10両→15両に増結し、下りでは15両→10両に車両を切り離すという役目を果たしている、結構線路を幅広く確保している駅です。
乗車客的にはその間、毎回5分ほど待たされるという欠点がありますが…
電車を降りて、改札に向かう途中でつい目がイってしまったポスターがこちら。
籠原駅1-1.jpg
キモオタゆえの悲しい性でしょうか…じゃなく、こういうキャラも、世間からの理解が深まっている(?)ようで何よりですね。
ちなみにぼくの嫁は、右下のロング青髪の女の子です
埼玉県警察も、2020年のオリンピック対策を今から進めているのでしょうかね?
でも私はテロよりも、そのオリンピック日程のほうが気になるのですが…
もし今年と同じ異常気象であれば、テロが出るまでもなく気温的にヤバいことになりませんかね!?
今からでも遅くはないので、オリンピックは日程を秋に変更したほうがいいのでは…(選手や応援者に死人が出そうなんで)。
まだ改札すら出てないところなんですが、改札出ても紹介する内容が少なそうなんで次回に続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。