LIVETRAKをレンタルしているスタジオを見つけました!

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.です。

一昨日、画期的な録音方法で、あのにっくきバックのノイズを発生させないミキサーを紹介しました!まずは、こちらをご覧ください。

まだノイズカットで消耗してるの?
https://net-seiyu.com/archives/2569

ここでご紹介した、LIVETRAKは、性能は高いのですがお値段が6万円前後(購入の方法によって変わります)とややたかい・・・。

ZOOM LIVETRAK L-12 MTR デジタルミキサー レコーダー USBオーディオインターフェイス

スポンサーリンク

価格:58,691円
(2019/9/28 13:59時点)
感想(0件)

もし購入した後で、自分のやりたいことと違う!なんてことになったらどうしよう・・・。

とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

出来たらお試しでレンタルで使ってみたい・・・

でも、そんな都合のいい話ないよね?

あるんです!

こちらをご覧ください。

サウンドスタジオノア
https://www.studionoah.jp/news/studio/2019/07/zoom_livetrak_l-12.html

何と!レンタルされているようです!

お値段はサイトを見たところ分からなかったので、ご利用したい方は直接問い合わせてみてください。

それではまた。

スポンサーリンク

だんぼっちをお考えの方へ

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。

さて、皆さん、ボイスサンプル作りははかどっていますか?これに関して、参考になりそうなブログがありましたので、ご覧ください。

ボイスサンプルはスタジオで録るのが普通と思われますが、自宅で録れるならそれに越したことはありません。ちなみに、私が事務所のオーディションに送ったものや、企業に送るボイスサンプルは、宅録です。音質さえそこそこなら、受かりますよきっと。

そんな宅録の強い味方が、だんぼっちです。私のブログでも以前取り上げましたが、次のブログには、作り方や概要などがとても詳しく書かれているので、参考になると思います。

145cmの考察(管理人夢前黎様)
http://145.rei-yumesaki.net/article/436697030.html

だんぼっちがあれば、オーディション以外にも、宅録で仕事が出来るかもしれません。
設備投資だと思って、是非ご検討ください。

お金があれば本格的な防音室もいいですね。↓

スポンサーリンク

VERY-Q HQP960 Booth Set[簡易防音室セットアイボリー]

価格:259,200円
(2019/9/1 22:18時点)
感想(1件)

それではまた。

↓ココナラには、声優・ナレーターの仕事もあります!(登録はもちろん無料!)



スポンサーリンク

まだノイズカットで消耗してるの?

こんにちは。Mt.です。

ツイッターで予告いたしました、最近私たち宅録で副業している声優たちのコミュニティで大流行しているオーディオインターフェースをご紹介します!

なぜお勧めなのか最後まで記事をごらんくださいね。

結論から申し上げますと、こちらです!!

ZOOM LIVETRAK L-12 MTR デジタルミキサー レコーダー USBオーディオインターフェイス

価格:58,691円
(2019/9/28 13:20時点)
感想(0件)

今までの安いオーディオインターフェースの場合、マイクとパソコンの間に接続して使っています。
もちろんマイクから直にパソコンに収録する方法よりはかなりノイズは軽減されるでしょう。

しかし、これでもサーとかブーというノイズは完全に消えません!!
そこで、宅録をする人にはおなじみ、Audacityという便利なソフトで、ノイズの音域だけガッツリカットし、納品できるレベルの音質に近づけるという作業をします。
詳しくは、こちらの過去記事をご覧ください。

宅録するためのソフトを入手しよう!その2
https://net-seiyu.com/archives/847

さて、ZOOM LIVETRAKの話に戻りますが、このミキサーは安いインターフェースと比べると格段にノイズが小さいです!圧倒的にノイズがすくないので、かなり高品質な音声が録れます!!

??
「ん??おい!Mt.!お前、タイトルの「ノイズカットで消耗してるの?」とかいう誰かのパクリみたいなただの大風呂敷か!?
ノイズが小さくたってあるんならやっぱりAudacityのお世話になるなら意味ねーじゃねえか!!
この詐欺師!!」

というコンビニの外国人店員を困らせそうな方々の声が聞こえてきます。

まあちょっと待ってください。(ドヤ)

私は、オーディオインターフェースを、「パソコンに接続」したケースについて、言いました。
「パソコンに接続」すると、きっとコードの電磁波の何かが作用してどうしてもノイズが発生してしまうんでしょうね(適当だな・・・)。

だから、

「パソコンに接続」しないで録音すればいいんです!!

??
ああん!?!?てめえーふざけんなくぁwせdrftgyふじこlp;!!!!!パソコンに繫げねえでどうやって音録るんだよ!!!

ああ、またお店の疫病神が荒ぶっていますね。

なんと!

これは、それができるんです!

商品ページの説明をよーく読むと、

・最高24ビット/96kHzのハイレゾ音質で、SDカードにレコーディング。

と書かれています!これはどういうことかと言うと、

ミキサーの中にSDカードを差すところがあるんです!そして、マイクからミキサーを通してパソコンへではなく、パソコンへの接続コードなしで、SDカードに直に録音できるんです!

すると・・・

ノイズがほとんど発生しません!!!!

どのくらいか一言で表現すると、Audacityがいらないくらい!!

某サウン〇ハウスでのレビューも高評価!このミキサーは、これからの宅録声優業界のスタンダード機になるかもしれませんね!!

価格はかなり高いですが、私はもう10台分くらい元を取りました!!

実際はナレーション録りだけじゃもったいないくらい多様な音楽シーンで使えるので、複数のマイクを使って歌や曲を録りたい方も注目ですね。

もうちょっとお手頃なのないの?とお思いの方は、先ほどの商品ページで検索する時に、「ミキサー SDカード」などを入れてみてくださいね!

最後まで記事をご覧くださり、ありがとうございました。
あらためて、先ほどの紹介リンクから商品を見てみてください!

それではまた。

なお、タイトルの元ネタはこちらです。イケダハヤト大先生の大ベストセラー

【電子版特典付き】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく【電子書籍】[ イケダハヤト ]

価格:821円
(2019/9/28 13:33時点)
感想(0件)

収録した音声は、どうやって送ればいいの?

おはようございます。Mt.です。

そういえば…と思い出したのですが、私、収録した音声をどうやって相手方に送るかという話をしていませんでしたよね。

これはかなり大事なので、お伝えしておかなくてはなりません。
私も、ネット声優を始めた時、失敗して先方にご迷惑をかけてしまいました。

まず、収録した音声というのは、WAVE形式というファイルになります。(WINDOWSの場合)

これは、波形編集ソフト(Sound EngineやAudacityなど)で編集できる形式ですが、非常に容量が大きいという難点があります。もし、これをそのまま相手方に、メールで送ってしまうと、エラーが出る可能性があります。

ボイスサンプル1個、2個でも結構な大きさです。仮に送れたとしても、相手方がそれをダウンロードするのに時間がかかり、手間をかけさせてしまうでしょう。
1分程度の音声でも難しいのに、これが1時間分の音声だったら…送る事すらできないかもしれません。

そこで、対応策としては、主に2つあります。

1.送るファイル自体の容量を小さくする。
2.メールではなく別の方法を使う。


1.についてです。あまりお勧めはできません。

しかし、相手方によっては、ちょっとしたサンプル音声ならメールで送ってほしいというケースもあります。
その場合、WAVE形式のファイルを、「mp3形式」というものに、変換します。
mp3は、WAVEの1/5以下の容量になります。
変換の仕方は色々ありますが、私がするとしたら次の2つです。

A 波形編集ソフトで保存時にmp3形式で保存する。
B 変換ソフトを使う。

Aのケースは、Audacityの、[ファイル]→[書き出し]で、保存形式で「MP3」を選べば、mp3形式で保存してくれます。ファイルが1個であれば、これでいいと思いますが、もし、たくさんあったらどうしましょうか。
たくさんある場合は、Bのケース、変換ソフトを使いましょう。
私が利用してるのは、このソフトです。

えこでこツール(制作 OSDN様)
https://ja.osdn.net/projects/ecodecotool/

まれにゲーム制作をしている会社様は、ogg形式にしてくれという場合もあります。そういったケースにも利用できます。

使い方は簡単。

ファイルをまとめて選択して、ソフトまでドラッグするだけです。
こんな便利なソフトが無料で使えるなんて、作った人、なんじゃないか!?

【P最大7倍】「神」おもしろtシャツ ティーシャツ ユニセックス(メンズ レディース兼用)おもしろ Tシャツ KA02-09

価格:2,160円
(2017/5/24 19:06時点)
感想(29件)


以上で、ファイルの容量を小さくすることはできました。
さて、問題は、「WAVE形式のまま送ってくれ」と言われたときです。
基本的には、お客様(映像制作の会社等)は、送られてきた音声を編集するのですから、これが一般的だと思います。
このケースでは、容量オーバーになってしまうメールは使えません。
そこで、


2.ファイル転送サービスを利用します。

簡単に説明しますと、こんな感じです。
(→はファイルの動きです)

メールの場合は、
[あなた]→→[お客様]

ファイル転送サービスの場合は、
[あなた]→→[ファイル転送サービスのサーバー(保管庫のようなもの)]→→[お客様]

という風に、「保管庫のようなもの」を経由します。(あ、厳密には、メールもメールサーバーを経由するのですが、簡略化するため割愛しました)

一旦あなたがファイル転送サービスにファイルを送ります(アップロード)。
そして、「保管庫の○○の場所に、ファイルを入れましたよ」という情報を、お客様に伝えます。

保管した場所を知っている人以外は、ファイルを出す(ダウンロード)する事ができません。
お客様には、「保管庫の住所」だけを連絡すればいいのです。

実際に無料で使える代表的なものは、

ファイヤーストレージ
http://firestorage.jp/

宅ファイル便
https://www.filesend.to/

ギガファイル便
http://gigafile.nu/

などがあります。
送れるファイルの大きさが

ギガファイル便  宅ファイル便  ファイヤーストレージ

なのですが、スピードは逆です。(私の実感としては)
私はファイヤーストレージをよく利用します。

ファイヤーストレージは、相手方がダウンロードするとメールで知らせてくれるので、納品漏れを防げるからです。

詳しい使用方法は、それぞれのサイトをご覧ください(うわ、最後の最後でこれか!)。


それではまた。

↓ココナラには、声優・ナレーターの仕事もあります!(登録はもちろん無料!)


ネット声優のオーディションで一番重要といっても過言ではないもの

こんにちは。Mt.です。

ネット声優のオーディションで一番大切のこと、何でしょうか?
顔? 違います…顔は見えません。

礼儀? 多少は関係あります…通常のビジネスメールが書ければ十分です。

演技力? 関係あります…いうまでもありません。

役のイメージ? かなり関係あります…でも一番じゃないです。

一番は…音質です。これが悪いと、どんなに良い演技をしても、ごみです。

そんな私の意見と似たことが書いてある記事がありました。

声優初心者へ向けたブログ(seiyuuarekore様)
音質の大切さ(ネット声優)
http://ameblo.jp/seiyuuarekore/entry-12170974522.html

おそらく募集している側としたら、演技が問題なら10秒くらいは聞くかもしれませんが、音質が問題なら3秒で審査を終えてしまうでしょう。そのくらい、音質というのは審査にダイレクトに響いてきます。

音質は、コンデンサマイクと、オーディオインターフェースと、フリーソフトのAudacityがあれば、いいところまで持っていけますよ。

私のtwitterに反応してくださった方のコメントも最後に載せておきます。

それではまた。