宅録依頼の見積り具体例その2

スポンサーリンク

こんにちは。Mt.です。
あまり雪の降らない私の居住地ですが、絶賛大雪中です。
夕方、外出するんですけど。勘弁してください。
さて、宅録の依頼の際、いくらくらいで見積もればいいのか。
今日も参考になるサイトを見つけましたので、ご紹介します。
ナレーター棟方ナオ オフィシャルウェブサイト(棟方ナオ様)
http://munakata-nao.jp/homerecording.html
ナレーション制作料金が表示されています。
式で表すと、固定費5200円(100字以内)+変動費1200円(100字以内ごと)という感じでしょうか。
前回の声優の方に比べると高い価格設定になっているようです。
ただ、ナレーションは、台詞に比べると、短い言葉で多くの情報を詰め込む傾向があるので、表現が繊細になります。その分、制作時間もかかる場合が多いです。極端な例では、5文字の会社名のロゴをナレーションする際も、何度も収録したり、リテイクを要求されたりという事は考えられます。そうなると、100字以内5200円というのも、決して高くは有りません。
サンプルボイスを、動画と一緒に紹介されていますね。
良いアイデアだと思います。
喋りの技術にも、十分商品価値がある方だと思います。
ん?価格破壊を目的にしている私のブログなのに、5200円を高くないというのは矛盾してるって?
いやいや、スタジオでナレーターが収録したら、10倍くらいかかりますよ。
スタジオの維持費、人件費、ナレーターのギャランティに加え、ナレーターが事務所所属であれば、事務所の取り分もあります。そして、それぞれ利益を乗せてきますから、例え1文字のナレーションでもそのくらい取らないと、確実に誰かが赤字になります。
宅録はいいですよ。
それではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。