外国人労働者受け入れを見据えてナレーター募集?

スポンサーリンク

こんばんは。Mnt.です。

今日も外国語ナレーターの方の募集をしている会社です。
私も一生懸命に探しているのですが、なーぜーかーなーぜーかー外国語のナレーター募集しか新たに見つからないのです。日本語のみ話せる皆さまごめんなさい。
オリンピックが近いので、多言語対応を急ぐ需要家が多いのでしょうか。

JKタレント
http://www.jktalent.jp/index.html

トップページの左のリンクに「ナレーター募集」とあります。
ここで、
各国言語の外国人ナレーターまた翻訳者を広く募集しております。

募集の要項はこんな感じです。

各国言語の外国人ナレーターまた翻訳者を広く募集しております。
(英語、ヨーロッパ諸国言語、また中国語、韓国語、インドネシア語、マレーシア語などのアジア諸国言語、その他になります)

応募資格は日本に定住しているか、労働許可(就労ビザまたは資格外活動許可書)を持っている方に限ります。

とのこと。「労働許可(就労ビザまたは資格外活動許可書)」これはなかなかハードルが高いですね。それとも、これから外国人労働者の受け入れを解禁するときにそなえて先に手を打っているのでしょうか。
時代の変化が表れていてとてもおもしろいですね。

それではまた。

スポンサーリンク

外国人労働者をどう受け入れるか 「安い労働力」から「戦力」へ (NHK出版新書) [ NHK取材班 ]

価格:858円
(2020/1/1 21:21時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。