【感想】重甲ビーファイター15話「翔んだアイドル」

スポンサーリンク

お世話になってございます。Mj.ですよ。
重甲ビーファイター14話、次回予告より主なストーリーです。
「ブヒブヒブー。合成獣ブーブーブーの鼻息を浴びると、豚声しか出せなくなってしまう。声を奪われた人々でで街は大パニック。そんな中、アイドル・矢野かおるまで豚の声に。歌えなくなったかおるは、マスコミに追われ、青年・守と出会う。2人は撃墜されたジャマール戦闘機を修理して、遠い国へ旅立とうとするが…?」
今回は何と人間どもに豚声しか出せなくさせる、ジャマールの恐るべき作戦!
…前回、前々回と比べるとみみっち…いや規模の小さい作戦になったような…
いや気のせいですね。
ギガロ「ブーブーブーよ! 人間どもから声を奪え! 片っ端からブヒブヒにするのだ!! ハッハッハ!!」
悪の幹部の口から「ブヒブヒにするのだ」とか言われると、間抜けな感じで笑いがこみ上げ…
いや威厳が溢れてます!
今回の合成獣の名前は「ブーブーブー」。
いつぞやの「ナマケルゲ」並に酷い名前だなw
よくグレずに真面目に仕事をするなあ、と感心します。
私も二次元嫁を見ると、ついブヒブヒ言ってしまうが、アレもジャマールの仕業だったんだな(???)



ジェラ「何とも珍妙な作戦だが…」
シュヴァルツ「しかし人間どもを混乱に落とし込むことはできる!」
ガオーム様「混乱が頂点に達したその時こそ、我等の侵略の手を、一気に伸ばすのだ!!」

色々とアレな作戦ですが、ガオーム様たちからはちゃんと評価されてるw
範囲的にはせいぜい1市町村くらいしか侵略できなそうなんですが…
まあ、前回からガオーム様のお怒りも収まってて3幹部もひと安心?
今回はガオーム様が「最近3幹部にキツく当たりすぎてるか?」と考えて与えられた(実質)リフレッシュ休暇回だったのかも…。
どっちかと言うとジャマールより、豚声しか出せなくなったアイドルを追いかけ回してたマスコミの本音がクズすぎ。
マスゴミ男「必ず見つけ出してやるさ!そして日本中に映し出してやる!人気ナンバーワンのアイドルの、ブヒブヒになっちまった醜い姿をな!」
今のマスコミも金や視聴率のためならこれくらいやる…いやいや、こんなに汚れた世界じゃないはず(棒読)
<15話感想 完>
ではまた、お目にかかりましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。