【感想】重甲ビーファイター19話「誕生闇の新戦士」

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
次回予告より、今回のあらすじです。
虫には虫。不気味な言葉を残して、ガオームはジャマール軍団最高の魔術師・ジャグールを呼び寄せる。世界中で異常を起こすカミキリ虫たち。調査に向かうビーファイターに襲い掛かるジャマールの陰謀。ジャグールの呪術が今、頂点に達する! 暗黒の中より生まれし、最大最強の敵。邪悪な力をもつ地獄の申し子
…思いっきりネタバレですが…
このブラックビート、自我が強すぎて、ジャマール組織の目的達成の役には立たない戦士になってしまうとは予想してなかっただろうな…ガオーム様。
今回はジャマールも、ブラックビート制作にじっくり時間をかけていたので、ストーリーにあまり進展がありませんでした。
ジャマール要塞に現れた謎の老婆。
3幹部は不審者扱いし追い出そうとするが、ギガロを突き飛ばす実力者です。
ムキになる3幹部だが、争いを止めるガオーム様。
ガオーム様「そこまでだ!控えよ!」
3幹部「ガオーム様!」

ジャマール要塞の天井が開き、そこからガオーム様のお姿(上半身)が見えるようにリフォーム?したようです。
成程、これなら今までより首領の威厳たっぷりです、ガオーム様!
ガオーム様「よく来てくれた。魔導師ジャグール」
300年以上前からの、ジャマール専属の参謀だったらしい。
って、この300年間はずっと昼寝してたのこの婆さん!?
今までガオーム様にクビ宣告されなかったのが不思議でならない。
ガオーム様も、ぶっちゃけ今まで存在を忘れてたんじゃないですかね?
ガオーム様「これより、生まれ変わった我が力と、魔導師ジャグールの呪術により、地球侵略のための新たな戦力を、我が軍団に導入する」
シュヴァルツ「新たな戦力…?」
ジェラ「やはり我等は用済みか…」

落胆する3幹部だが、ガオーム様は身体のサイズだけでなく心の広さも巨大化したご様子。
ガオーム様「ジェラ、ギガロ、シュヴァルツ! ジャマール幹部たる意地と名誉に賭けて、ビーファイターを阻止し、新戦力導入のための儀式を、成功させるのだ!」
3幹部「はは~っ!」

なんと前回のお咎めは全く無し。
ガオーム様の温情により、今までの失敗も水に流してもらえた?様子です。
良かったですね3幹部の皆様(;´д⊂)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。