【感想】重甲ビーファイター43話「見た!黒の素顔!!」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
前回の感想の続きになります。
この破滅兵器を、ガオーム様は何に使うのか?
ガオーム様は即断即決のお方です。
ガオーム様「直ちに地球に向かって発射しろ」
ギガロ「お待ちください!この超低温機体弾を打ち込めば、地球の大気は72時間後に、マイナス80度に達します!!」
ジェラ「人間を始めとする全生物は滅び、地球は壊滅!」
シュヴァルツ「我らが征服し、奪い尽くす前に…」
ガオーム様「構わん!地球を氷河期に叩き込み、破滅させるのだ」

反対する3幹部だが、あくまでガオーム様はそれを押し切り実行するご様子。
それでも実行に躊躇いを見せる3幹部だが…
ここでブラックビートが、ガオーム様の目的を察して3幹部に暴露。
ブラックビート「全てはあのセントパピリアを手に入れるためだ!!」
シュヴァルツ「何い!?」
ギガロ「セントパピリア!」
ジェラ「まさか…」
ブラックビート「違いますかな?ガオーム様!」

もうこの頃は、ブラックビートもガオーム様にタメ口なことが多かったり、ろくに命令に従わなかったり、ガオーム様からは事実上見限られているのが悲しいところ。
この頃のブラックビートの「ガオーム様」口調に、全く敬意を感じられません。
首領だから渋々敬称をつけてるだけ、みたいな…
ガオーム様も、こういった部分で無駄に鋭いブラックビートが疎ましいようで、会話を返してもくれません。
ガオーム様「作戦…発動だ」
やりとりを見てると独裁者に近くなっているガオーム様ですが、3幹部が揃って反対しても、黙って命令に従わせるための暴力的な行為をしていないので、何だかんだでガオーム様は、悪の首領にしては人格者だなあと感じてしまいます。
(つづく)

スポンサーリンク

僕らはまだ氷河期の途中/日生佑稀【1000円以上送料無料】

価格:518円
(2018/4/15 21:33時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。