テイクオーバーホールディングス調整お見舞金同意確認書を吟味していこう!その6

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
恒例のテイクオーバーホールディングスとみんなのクレジット(現スカイキャピタル東京都中央区築地7丁目11番5号←名前だけで検索すると別会社がヒットするので、住所もつけました。間違われる会社にとってはとんだめいわくですね。)について、後世に語り継ぐコーナーです。
今日は、確認事項(序文)について突っ込んでいきましょう。
——————————————–
【確認事項】
「調整お見舞金」の支払いを受けるにあたり、上記条件①、②を満たした方(以下「該当者」といいます。)には、以下の事項をご確認いただき、同意をしていただいた方のみ、「調整お見舞金」をお支払いさせていただきます。予めご了承ください。
——————————————–
上記条件①とは、以下の文章のことです(引用)
① みんくれ社において、T社グループに貸付けを行うファンドに対して投資をし、みんクレ社が債権譲渡を実行した結果、投資金を回収できないこと等により損害を被った方であること
→T社グループ以外の貸付先というのはどこなのでしょうか?らくらくプラスとブルーアートというのは債権譲渡される前に取り立てをしている主旨の事が旧みんなのクレジットのサイトに上がっていましたが…
なお、法人番号検索によると、ブルーアートは旧住所(東京都渋谷区道玄坂1丁目19番2号スプラインビル6階)から移転したようです。(まだ営業しているなら、貸付金の取り立てを継続できたはず。強引かつ悪質な債権譲渡だったとしか思えません)
法人番号
1010001178288
商号又は名称
株式会社ブルーアート
商号又は名称(フリガナ)
ブルーアート
本店又は主たる事務所の所在地
東京都中央区新川1丁目26-11-1103
最終更新年月日
平成30年4月11日
法人番号検索によれば、らくらくプラスはまだ移転していないようです。その内変わるでしょうか。
2010001176101
商号又は名称
株式会社らくらくプラス
商号又は名称(フリガナ)
ラクラクプラス
本店又は主たる事務所の所在地
東京都渋谷区道玄坂1丁目19番2号スプラインビル6階
最終更新年月日
平成30年4月5日

上記条件②とは、以下の文章のことです(引用)
② T社グループ及びこれらの会社の役員その他これらに関連する者に対し、みんクレ社に投資したことに関連して、フォーム入力日時点において調停、訴えの提起その他民事刑事問わず、また、法的根拠を問わず、法的手続を採っていないこと(T社グループとみんクレ社は既に資本関係を解消しておりますが、この度の「調整お見舞金」は上記のような投資損失に対するお見舞金という性質を有するもので、真に投資において損失を被った投資家の方々に支給させていただくものですので、みんクレ社に対する訴訟等において損害の回復が図られる方はその性質上、対象から除外させていただきます。そのため、当該条件におきましては、みんクレ社及びその役員等に対し法的手続を採っていないことも含むものとさせていただきます。なお、過去にこのような手続を採ったことがあるかどうかは問いません。)
→要するに、現在、そして今後、未来永劫テイクオーバーホールディングスに立てつくなと言っています。
→いつ損失額を返すとは言っていません。1000年後の可能性だって捨てきれません。
次回以降、項目を細かく見ていきましょう。
それではまた。
ソーシャルレンディングなら、真面目に経営をする会社を利用しましょう!








スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。