秩父鉄道紹介シリーズ・上熊谷駅 その1

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
熊谷駅をいつぞや紹介させていただきましたが、合わせて熊谷駅から徒歩圏内の上熊谷駅もご紹介したいと思います。
その際に熊谷市に1年ほど住んでいた、と書いたと思いますが、その時に私が住んでいたのは、どっちかと言うと熊谷駅より上熊谷駅に近い場所の古アパートだったので、こっちのほうが懐かしい…かも?
まずは上熊谷駅。
上熊谷駅その1-1.jpg
屋根はある&駅員はいるので、田舎の無人駅よりは上なのですが、見てのとおり吹きさらしな構造の建物です。
冬に仕事で使う際は、待ち時間がやたら寒かった嫌な思い出がありますね。
でもここは、イオン熊谷店の最寄り駅という、誇らしい点は評価に値します(笑)よ!
上熊谷駅を出て線路を渡った後で、せっかくなので線路を撮影してみました。
上熊谷駅その1-2.jpg
迷惑な撮り鉄みたいにならないよう、電車が通る気配のない時間を狙ったので大丈夫(?)です。
近くに住んでいる時は当たり前の景色でしたが、引っ越し後しばらく経ってから改めて訪れると、懐かしさがこみ上げてきます。
たまたまJR高崎線の電車遅延でこの線路が開かずの踏切になってしまってここを通過できなかったせいで、上熊谷駅発の秩父鉄道電車に乗り過ごした苦い経験も、今となっては懐かしいものですね。
熊谷駅には劣りますが、この上熊谷駅近辺にも見どころがいくつかありますので、引き続き機会を見てご紹介したいと思います。
(つづく)

スポンサーリンク

撮り鉄の教科書

価格:1,944円
(2018/5/6 21:05時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。