【感想】オヨネコぶーにゃん15話「おいもよさらば」その1

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
今回は、オヨヨが自分の食生活に疑問を持ち、改善しようとするお話です。
元々、ほとんどさつまいもしか食わないことについて、何の疑問も持っていなかったオヨヨ。
いつも通り?イモばっかり食っていたが、モンブラン君やひなぎくからペット向けの食事や栄養について教えてもらい、自分が食べ物に無知なことを知り大ショック(笑)!!
モンブラン君「芋ばっかり食べているのは知ってたけどさ、それほど食べ物に無知だったとはしらなかったよ。猫にだってビタミンやカロリーは必要なんだよ。たまごに話して、食事の改善をしてもらいたまえ」
といっても、オヨヨが栄養失調で倒れるとか想像できないけどな…。
家に帰って、今までの食事について不満をぶつけるオヨヨ。
ペットというより居候のくせに
オヨヨ「今日俺大恥かいた!」
たまご「その顔じゃ当然じゃない」

たまご、いきなりストレートにひでえこと言うなw
オヨヨ「(恥をかいたのは)飯のこと!」
たまご母「一度に5人前も食べるからでしょ」

ゆでた家、オヨヨにサツマイモ5人前も出してくれてたのか…芋代、結構な費用なのでは。
日頃から迷惑かけまくっているのに、充分に恩恵を受けているんじゃないか?
この家庭、相変わらず食事面ではオヨヨに寛容。
(つづく)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。