JR東日本駅紹介シリーズ・大前駅(吾妻線)その3

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
まずはこの駅舎周辺を散策。
乗り場の近くには、謎の目つきの悪いお地蔵様?がいました。
しかし説明書きも何もないので、誰が何のために置いたのかさっぱり分からん!
でも、「道中安全」と彫られているので、旅人にとっては有難いお地蔵様なのかも。
賽銭を入れるところはないので、感謝の意を込めて手を合わせておきました。
そしてこの地は、海抜840.37m。
これだけ標高が高いと、避暑地として有名なのも頷けます。
大前駅3-1.jpg
そして大前駅の駅舎内。
炎天下だと都会とさほど変わらないのですが、日陰に入ると涼しい!
これが都会と避暑地の違いか。
大前駅の記念ノートなる、趣深いものとそれを記入するコーナーが設けてありました!
私も、差し障りない一言を書き連ねておきました。
「こんなのほとんど誰も記入してないだろうな」と前のページをペラペラめくってみましたが、結構多い頻度でいろんな人が記入している!
きっと電車の本数が少なすぎて暇な人が多かったんだろうな、じゃなくこうやっていろんな人が書いているのを見ると旅人同士の繋がりを感じて心地いいですね。
大前駅3-2.jpg
11時の電車が出発してしまい、当分電車は来そうもなかったので、「路線の写真を撮り放題だぜ、ひゃっほう!」と、大前駅→万座・鹿沢口駅の路線を撮ってみました。虚しい
大前駅3-3.jpg
右手には集合住宅っぽい建物がありますが、ここにお住いの方々は、どこで買い物をしているのか地味に気になる…。
そして左手には、「大前温泉」なる小さな温泉があったはずなのですが…
ああ無常、そんなものは建物ごと跡形も無くなっておりました。

スポンサーリンク

地蔵菩薩の仏像 70号 般若純一郎作品 高岡銅器の神仏具/送料無料

価格:3,132,000円
(2018/11/12 15:45時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。