JR東日本駅紹介シリーズ・水上駅(上越線)その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。

前回の続きです。

高崎駅から、上越線水上駅行に乗ること約1時間。
温泉名所・水上駅に到着しました!

ただ今回は、駅やその周辺を見ることを楽しみに来た&とある都合で、温泉には行きませんでしたが。
うむ、水上駅の駅舎は、昔と雰囲気がそんなに変わっていなくて懐かしい。
水上名物の一つ?「おいでちゃん」というゆるキャラの立て看板がお出迎えしてくれます。
水上駅2-1.jpg

そして外を見ると、温泉宿の従業員の方(運転手)が、ワゴンカーやバスを使って宿泊客を待っていました。
私もかつては温泉宿が目的で来たので、その送迎バス(無料)を使わせてもらいましたが…今回は残念ながら対象外です。

スポンサーリンク

そして、実際に駅舎から外へ出てみました。
うん、駅前もお土産屋やら、軽食屋やらが並んでいて、ほのぼのした趣深い雰囲気を醸し出している。
そして前回書いた、私がリサーチし忘れた大事なことというのは…

天気と、気温(特に後者)です!!

天気が雨なのは、まあ許容範囲としましょう。
ただ、高崎市の気温が30度以上だったので、半袖姿のかなりラフな格好で水上駅に行ってしまいました。
しかし雨と標高の高さが災いし、出た直後は寒くて震えていました:;(∩´﹏`∩);:

水上駅2-2.jpg

このまま寒さに負け、何もできずに終わるのか…それじゃせっかく来たのに割に合わない、じゃなく懐かしさとかつての感動を味わいたいので、気合で周辺を歩くことにしました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。