【感想】重甲ビーファイター24話「登場巨大カブト」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
前回のブラックビートとギガロの言い争いを遮るように、ガオーム様が発言。
ガオーム様「ギガロ…作戦発動!」
ギガロ「ははっ!」

ガオーム様の命令は絶対。
さらにブラックビートの意見より自分の作戦が優先されたことに満足したこともあり、言い争いを止めて任務遂行に向かうギガロ。
今までと違い、落ち着きも取り戻しているようで何よりです。
ただ、今までガオーム様に寵愛されていた自分が優先されなかったブラックビートは、顔は見えないけど面白くないご様子。
ほら、21話で格好つけてブルービート以外興味ない(=組織のために貢献する気は無い)発言なんかしなければ良かったのに…
ただ、戦力としては大きい新幹部なので、ガオーム様も放ってはおきません。
ガオーム様「その憎しみも、我々の悲願達成の助長になる。動きたければ動いてみよ、ブラックビート」
ブラックビートのご機嫌取り?も忘れないガオーム様。
21話でブラックビートとギガロの相性が悪いことが分かったのか、今回は共同戦線を命じませんでしたね…
マネジメントもうまいお方です。
ギガロの新能力は、ギガスレッドというビートマシンを無力化してしまう技。
さらにギガスレッドで無力化したビートマシンを異次元プリズンへと回収してしまうガオーム様。
ガオーム様「ハエどもが…異次元プリズンで朽ち果てよ!もはやビーファイターは敗れたも同然。我がジャマールの勝利だ。屈伏せよ、降伏せよ、人間ども!!」
悪の首領って高見の見物をすることが多いと思うのですが、相変わらずガオーム様はよく現場に手を出すお方ですw
でも降伏すれば破壊は勘弁してくれるんでしょうか?ガオーム様は。
今回は新兵器メガヘラクレスで難を逃れましたが、それがなければギガロ相手にジ・エンドだったと考えると、すごい超進化したものです、ギガロ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。