平成30年正月 雪国スキー旅行日記・その3

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
苦行(スキー)が終わって、いよいよ帰る日になりました。
その日は、本格的に天気予報で雪!
新潟県や、群馬県の水上は大雪だったらしいですが、行先ではそんなには雪は降らず、帰り電車の吾妻線も走行には影響はなく安心しました。
でも、こちらの雪もそれなりのもの!
前回に紹介した羽根尾駅ですが、電車交換の待ち合わせで数分止まってましたので、記念に写真に収めてみました。
歩くと足跡が残るくらいには雪が積もっており、見るだけで寒くなる光景です!
H30正月スキーその3-1.jpg
その後、長いトンネルを潜り抜け、4つ先の駅(4つと言っても、一駅一駅の距離がやたら長いのですが)・岩島駅に着くと、天気は一緒で雪が吹雪いていましたが、積もっている雪の量は一気に減ってました。
やはり標高や気温が違うんでしょうかね。
H30正月スキーその3-2.jpg
それと吾妻線上り電車に1月3日午後に乗り、雪以上に驚いたのは、乗車率がやたら高いということ!
普段ならあり得ないのですが、吾妻線の始発に近い駅の長野原草津口駅で、既に満席になり立って乗っている乗客がいました。
さすが正月の最終日。地の果ての吾妻線電車内がここまで埋まるのには驚かされました。
午後の電車でなく、午前中の電車で帰るべきだったか…とちょっと後悔しましたね。
あと、旅行中の料理は美味しかったです!
写真に撮っとけば良かった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。