テイクオーバーホールディングス調整お見舞金同意確認書を吟味していこう!その9

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
白石伸生と阿藤豊、そしてその一味の悪事を後世に語り継ぐコーナーです。
本日は、【確認事項】の3です。
——————————–
3 「調整お見舞金」の原資は、T社株主やスポンサーから提供される金員や、T社グループが今後営業を続けることにより得た利益等であり、現在のT社グループの資産からお支払いするものではなく、原資となる金員の金額や調達できる時期については予測がつき難いこと
——————————–
T社株主やスポンサーから提供される金員
→あるなら、旧みんなのクレジットを通じで返せ。
T社グループが今後営業を続けることにより得た利益等
→これからでも遅くはない。旧みんなのクレジットを通じで返せ。
原資となる金員の金額や調達できる時期については予測がつき難い
→みんクレによる債権譲渡の際は、回収の見込みが立たないという説明でした。その通りであれば、調達できないんじゃないですかね。
→払われない事の保険をかけていますね。まるで競馬の予想のようです。
→払わない可能性が∞
それではまた。
ソーシャルレンディングなら、真面目に経営をする会社を利用しましょう!








スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。