声優にとって、同業者は「仲間」なのかどうか。

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。
数日前にテレビを見ていましたら、珍しく声優業界関連のニュースがありました。
こちらですね。
おじゃる丸声優が涙でNHKに「納得できる説明を」(2018年6月13日 14時23分 日刊スポーツ)
http://news.livedoor.com/article/detail/14857742/
詳細に関しては、リンク先をご覧ください。
かいつまんで雑に要約しますと、18年前、おじゃる丸というアニメで主役を演じていた小西寛子さんが、NHKのために収録した声を、なぜかバンダイが使っていたという話です。そして、バンダイが使ったことについて、小西さんは、ギャランティをもらっていない。という事です。
ロハなんて、もってのほか!
当然、事実であれば、問題ですね。
徹底的に戦っていただきたいと思います!
小西さんの立場を全面的に応援するのですが、一部、認識のずれを感じたツイートがありました。
こちらです。
小西寛子様の 6月15日のツイート


この問題が、同じ「声優」の間で、話題になっていないのは、保身のために沈黙しているのではないか。
いじめを見て見ぬふりをするのと同じではないか。
という趣旨です。
…ん~、ちょっと違いますね。
もし、被害に遭った声優が、同じ作品の共演者であったり、個人的に飲みに行ったりする親しい関係であったりすれば、私はその人を命がけで助けると思います。
ですが、それは「同じ声優」だからという理由ではなく、あくまでも、個人的な関係における「仲間」だからです。
声優であるかどうかは関係ありません。
「声優」というのは、仲間意識の根源ではなく、単なる便宜的なカテゴリーにしかすぎません。
むしろ、自分と個人的に関わりのない「声優」(個人事業主)は、限られたパイを奪い合う「ライバル」である可能性の方が高いでしょう。
端的にいえば、敵です。
敵失によって自分に仕事が転がってくる…となったら、喜んでその仕事をする人は多いでしょう。もちろん、私も喜んでその仕事をすると思います。
それから、小西さんの場合は、あまたいる声優の大部分よりも仕事をされている方だと思います。つまり、大部分の声優にとっては自分よりも「強者」となります。ですので、いじめには見えないかもしれません。というよりも、強者が雲の上で何かと戦っている…とても遠い遠い国のお話に思えてしまいます。
結論としては、声優がツイートをしないのは、保身のために話題から目を背けているのではなく、ツイートするエネルギーが湧いてくるほど、自分自身には関係性の濃い話題ではないからです。例えるなら、シリアの内戦で沢山人が死んでて同情はするけれど、自分とは関りが薄いから、情報が頭を素通りしていく…という感じですかね。
関心度合いが、シリアの内戦と同じなんですよね。
声優の全員が全員、シリアの内戦について憂うツイートをしているわけではないでしょう?
そういうことです。
皆さんが会社員だとして、電車で同じカテゴリーの「会社員」が自殺したらどうでしょう。
それが家族や友人でなければ、別にどうということはないのではないでしょうか。
自分が会社員だからといって、全国「会社員」に対して仲間意識があるかといえば、ほぼありません。
むしろ、「おい仕事に遅れるだろう、どうしてくれんだ」と思う程度ですよね。
赤の他人を一生懸命応援するツイートをわざわざするエネルギーは、湧いてこないでしょうね…。
私なら、暇だったらスマホでゲームでもしてるかな。
それではまた。
(弱者である私にお恵みを)

【送料無料】おじゃる丸 ぬいぐるみ 182141【同梱不可】

価格:2,230円
(2018/6/17 16:37時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。