【感想】昔懐かしのアニメ・オヨネコぶーにゃんを久々に見てみました

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
Mt.師匠のブログタイトルに「アニメとかの感想もあるよ」と言っているにも関わらず、全然アニメの感想を書いていないことに気がつきましたので、ここは久しぶりにアニメネタでいこうかと思います。
ここでチョイスしたアニメは、昔懐かしの「オヨネコぶーにゃん」です。
そのストーリーなのですが、こんな感じで紹介されていました。
黄色い毛皮の太った猫が、捨て猫から突然押しかけペットとなってゆでた家に住み着いてしまった。その態度はとても猫には見えない。人と話すことができるほど賢いが、性格は図々しく怠惰で意地汚い。こんな風変わりなオヨヨとゆでた家の長女たまごやその友人たちが毎回騒動を起こすギャグ作品。
こ、これはひでえwww
こんな紹介したら、さすがにオヨヨが可哀想じゃないか!
…と思っていた時期が私にもありました。
蓋を空けてみれば、オヨヨのクズっぷりが半端ないアニメです!
こんなのに居座られてやりたい放題されて、保健所送りにしないゆでた家の面々は神様なんじゃなかろうか…
とはいえ、もう一人の主人公・たまごも、他の面子もかなり性格が悪いんですがねw
このアニメで性格が一番まともなのは、優等生のモンブラン君くらいなのでは…
というわけで、話数の順序は適当になるかもしれませんが、これから時々感想を語れればと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。