【感想】オヨネコぶーにゃん8話「おさつよイモになれ」その2

スポンサーリンク

お世話になっております。Mj.でございます。
前回の、世にも恐ろしい女のイビり合いの続きとなります。
ひなぎくを見返すため、人形が意地でも欲しいたまご。
ママに小遣いをたかろうとするが、家計が火の車なため、聞く耳持たず…
たまご「いいわよいいわよ、グレちゃうから」
ママ「ええ、ええ。ついでに家出でも何でもなさい。その分家計が助かりますわ」
実の親とは思えない容赦のなさw
まあ、家出したところで行き先なんぞないし、自分が損をするだけなんだが…
そんな中、今回は殊勝な心構えのオヨヨ。
オヨヨ「お芋ちゃんのた~めな~ら、エ~ンヤコラ!!」
工事現場で、ツルハシ使って芋のためとはいえ自ら働いていました。
工事現場の責任者も、よくこんな肥満体猫を雇ったな…
まあ、猫に人権はないせいか、500円しか貰えてませんでしたが。
それにしても、500円札が存在しているところに時代を感じます…
まあ私も使った経験はあるのですが(おっといかん、私の年代がバレてしまうかもしれません…)
その後は金の亡者(たまご)と芋の亡者(オヨヨ)が、騙したり醜い争いを繰り広げたりと、いつも通り。
芋を作る際は、たまごに半分くらい分けるつもりだったが…
さすがオヨヨ、芋の現物を見たとたん、たまごにお裾分けなんぞしない!
いつものたまごとのケンカで終わりました。

スポンサーリンク

南国製菓 おさつ芋けんぴ 215g

価格:170円
(2018/6/3 16:28時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。