アクセス数を伸ばしてアフィリエイト収入を増やすにはどうしたら・・・。その3

スポンサーリンク

こんばんは。Mt.です。

昨日、応援して下さった皆さま、ありがとうございます。

感動した!!(羊パーマのおじさん風)

同業者で、時々ツイートが炎上する方がいまして、うらやましいなあと思いながら眺めております。

私のブログも炎上しないかなあ…。

そうしたら、小銭が稼げるかもしれませんしね。

しかも、炎上させている人の文章をいちいち読まなければ、時間も消費せず無傷です。

どうすれば炎上できるのだろう。

今度、その方に種火をもらいにいきましょうかね…。
炎上させているのは、お金を稼ぐという意味もあるそうです。
ぶっちゃけた話、炎上させている側の人間て、ゴミと同じなんですよね。
それ自体には何の価値もないけれど、燃やしてタービンを回せば、多少発電できる程度の価値はあります。

炎上、したいなあ…。

さて、アフィリエイトと声優の集客についての共通点の第3回です。
例によって文字数稼ぎ&時間稼ぎのためにおさらいをしますと、次の3点です。

1.営業力
2.マーケティング力
3.技術力

今日は、2.マーケティング力
にフィーチャーしたいと思います。

スポンサーリンク

アフィリエイトにおけるマーケティングとは、ブログの内容を明確にして、その内容に興味のある人にターゲットを絞るという事だと思います。このブログですと、声優が宅録をして価格破壊を起こし成功者になる(←うさんくせえ)というのがテーマです。

そして、そのテーマで訪れた方が興味を持つアフィリエイトを貼り、うっかり購入していただくという事でしょう。
そういう意味で、私がやたらペタペタアフィリエイトを貼っているのは、マーケティングとしてどうなんだろう…。

声優についてのマーケティングですが、通常、スタジオ収録の仕事ですと、来た球は全部打たないと仕事がなくなります。なので、それはそれでいいです。考えたいのは、宅録の方ですね。マーケティングは、「相手が何を考えているのか」という事を想像する事からスタートします。

ですので、例えば「○○についての文章のナレーターを募集しています」というオーディションがあった時、ただ単に手持ちのボイスサンプルを出すのではなく、その仕事に近いような文章を書いて収録し送る。これをやるといいのではないでしょうか。

もしくは、教材のオーディションがあったらこれ、元気なCMのオーディションがあったらこれ、という風に求められるものを想定して、あらかじめボイスサンプルを作っておくのもいいかもしれませんね。

それではまた。
私もアフィリエイトを始めてみたい!という方は、こちらを参考になさってください。
ブログのアドレスが変わりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。